• 文字色
  • 文字サイズ

トップ > 暮らしの情報 > 税金 > くらしの税金【軽自動車税(種別割)】

くらしの税金【軽自動車税(種別割)】

軽自動車税(種別割)とは

原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車や2輪の小型自動車(バイクなど)に対してかかる税金です。

納める人は

軽自動車のふだんの定置場が町内にあり、その年の4月1日現在で所有している方。

軽自動車等の売買があり、売り主がその軽自動車等の所有権を留保しているとき(ローンを組んでいる場合など)には、購入者が軽自動車税を納めることとなります。

軽自動車税(種別割)車種別年税額

原動機付自転車、軽2輪、2輪小型自動車および小型特殊自動車の税額について
車 種 区分 年税額


原動機付自転車
50cc以下 2,000円
50cc超90cc以下 2,000円
90cc超125cc以下 2,400円
ミニカー 3,700円
軽2輪(125cc超250cc以下) 3,600円
2輪の小型自動車(250cc超) 6,000円

小型特殊自動車
農耕作業用 2,000円
その他 5,900円
雪上車 3,000円
軽自動車(四輪以上および三輪)の税額について

車     種
新規登録の時期等 重課税率
平成27年3月31日以前
に登録した車両
平成27年4月1日以降
に登録した車両
登録後13年を
超える車両







四輪以上
(660cc以下)

自家用 7,200円 10,800円 12,900円
営業用 5,500円 6,900円 8,200円

自家用 4,000円 5,000円 6,000円
営業用 3,000円 3,800円 4,500円
三輪(660cc以下) 3,100円 3,900円 4,600円

※ 重課税率は最初の新規検査から13年を経過した車両に対し、適用される。なお、動力源または内燃機関の燃料が電気・天然ガス・メタノール・混合メタノール・ガソリン電気併用の軽自動車および被けん引車は、重課税率の対象外。

例)   令和3年度は、最初の新規検査年が平成20年3月以前の車両が重課税率の対象

軽課税額(グリーン化特例)について

平成31年4月1日から令和3年3月31日までに最初の新規検査を受けた車両(新車に限る)で、排出ガス性能および燃費機能の優れた環境負荷の小さいもので次の基準を満たす車両について、当該取得をした日の属する年度の翌年度分の軽自動車税に限り、軽自動車税を軽減する特例措置を適用します。

車 種 年税額
【ア】税額の75%軽減 【イ】税額の50%軽減 【ウ】税率の25%軽減







四輪以上
(660cc以下)

乗用
自家用 2,700円 5,400円 8,100円
営業用 1,800円 3,500円 5,200円

貨物
自家用 1,300円 2,500円 3,800円
営業用 1,000円 1,900円 2,900円
三輪(660cc以下) 1,000円 2,000円 3,000円

【ア】・・・電気自動車、天然ガス軽自動車(平成21年排出ガス10%軽減)

【イ】・・・乗用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ令和2年度燃費基準+30%達成車

      貨物:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+35%達成車

【ウ】・・・乗用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ令和2年度燃費基準+10%達成車

      貨物:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+15%達成車

※【イ】、【ウ】については、内燃機関の燃料が揮発油(ガソリン)の軽自動車に限ります。

※燃料基準の達成状況は、自動車検査証の備考欄に記載されています

納期と納付方法

町から送付される納税通知書によって5月に納めていただきます。

軽自動車税は、4月1日現在の軽自動車等の所有者に対して課税されます。

年度の途中に異動があっても、その年度分の税額の変更や還付金は発生しません。

また、預金口座から自動的に振り替えられる口座振替がご利用になれます。

ご利用を希望される方は預金通帳と通帳印等を持参のうえ、金融機関で手続きをしてください。

※口座振替可能な金融機関(網走信用金庫、釧路信用組合、JA清里町、ゆうちょ銀行)

 

軽自動車税の減免

身体障がい者等で、歩行困難な方が使用する軽自動車税について、一定の要件に該当する場合は、申請により、軽自動車税の減免を受けることができます。

詳しくは町民課税務・収納グループ(税務担当)までお問い合わせください。

届出・手続き

軽自動車等を購入、譲渡、廃車または登録事項の変更、町外に転出された場合は、申請手続きが必要です。

原動機付自転車(~125cc)・小型特殊自動車の場合

・届出先:清里町役場町民課税務・収納グループ(税務担当)(TEL:0152-25-2136)

届出に必要なもの




登録
・印鑑
・販売証明書など
・返納証明書
・車名
・車台番号
・排気量



廃車
・ナンバープレート
・所有者の印鑑
・代理人の印鑑
・交付証明書


譲渡
・ナンバープレート
・新旧所有者の印鑑
・交付証明書

軽4輪・軽2輪(126cc~250cc)の場合

・届出先:軽自動車検査協会北見事務所(コールセンター)(TEL:050-3816-1769)

関連リンク:軽自動車検査協会ホームページ

2輪の小型自動車の場合

・届出先:北見地区自家用自動車協会(TEL:0157-24-6271)

※軽4輪・126cc以下の2輪自動車の登録・譲渡・廃車手続きは、目的により印鑑等必要なものが異なる場合がありますので、届出先の機関へお問い合わせください。

臨時運行許可(仮ナンバー)について

清里町では、臨時運行許可(仮ナンバー)の発行を行っておりません。 

申請希望の方は運行経路の最寄の陸運局もしくは市、特別区、指定された町村にて申請をお願いします。  

※斜里郡管内では、小清水町と斜里町では発行することが可能です。

申請書ダウンロード

軽自動車税申告書

軽自動車税廃車申告書

軽自動車税(非課税等)申請書

預金口座振替依頼書

※ゆうちょ銀行は様式が異なります。ゆうちょ銀行窓口でおたずねください。

お問い合わせ

清里町役場町民課税務・収納グループ
〒099-4492 北海道斜里郡清里町羽衣町13番地
電話:0152-25-2136 FAX:0152-25-3571

更新情報