トップ > 清里町の組織とその仕事 > 消防署清里分署 > 救急係 > AED(自動体外式除細動器)について

AED(自動体外式除細動器)について

 突然に心臓が止まるのは、心臓がブルブルと細かくふるえる「心室細動」によって生じることが多く、この場合にはできるだけ早く心臓に電気ショックを与え、心臓の動きを取り戻す(これを除細動という)ことが重要となってきます。AED(=自動体外式除細動器)は、この電気ショックを行うための機器です。コンピュータによって自動的に心室細動かどうか調べて電気ショックが必要かどうか決定し、音声メッセージで電気ショックを指示してくれますので、一般の方でも簡単で確実に操作することができます。心室細動になってから電気ショックを行うまでの時間が1分遅れるごとに、生存退院のチャンスが7~10%ずつ低下することが知られています。そして、万が一AEDが設置されている付近で誰かが突然倒れた場合は、AEDを使用して救命に役立ててください。

AEDの使用手順

  • 心肺蘇生法を行っている状態で、AEDが届いたらすぐにAEDを使う準備を始めます。AEDにはいくつかの種類がありますが、どの機種も同じ手順で使えるよう設計されています。AEDは電源が入ると、音声メッセージとランプであなたが実施すべきことを指示してくれますので、落ち着いてしたがってください。

1.AEDの到着と準備

1.AEDの電源を横に置く

  • AEDを傷病者の頭の横に置きます。ケースから本体を取り出します。

2.AEDの電源を入れる

  • AEDの電源ボタンを押します。ふたを開けると自動的に電源が入る機種もあります。電源を入れた後はメッセージにしたがって操作します。

3.電極パッドを貼る

  • 傷病者の衣服を取り除き、胸をはだけます。(←半角プライバシーの配慮が必要な場合もあります)←半角
  • 電極パッドの袋を開封し、電極パッドをシールからはがし、粘着面を傷病者の胸部にしっかりと貼り付けます。(貼り付ける位置は電極パッドに絵で表示されていますので、それにしたがってください。)
  • 機種によっては電極パッドのケーブルコネクタをAED本体の差込口(点滅している)に入れるものがあります。
パッドを貼り付ける位置

電極パッドを貼り付ける位置

ポイント
●電極パッドは、右前胸部(右鎖骨の下で胸骨の右)および左側胸部(脇の5~8センチ下)の位置に貼り付けます。電極パッドを貼り付ける際にも、できるだけ心臓マッサージを継続してください。
●電極パッドは、肌との間にすきまを作らないよう、しっかり貼り付けます。アクセサリなどの上から貼らないように注意します。
●成人用と小児用の2種類の電極パッドが入っている場合がありますが、その場合小学生以上に成人用を使用し、未就学児には小児用を使用してください。成人には小児用を使用しないでください。

2.心電図の解析

  • 電極パッドを貼り付けると「体に触れないでください」などと音声メッセージが流れ、自動的に心電図の解析が始まります。このとき「みなさん、離れて!」と注意を促し、誰も傷病者に触れていないことを確認します。ショックが不要ですなどの音声メッセージが流れた場合は、ただちに胸骨圧迫を再開します。
  • 一部の機種には、心電図の解析を始めるために、音声メッセージにしたがって解析ボタンを押すことが必要な機種もあります。

3.電気ショック

  • AEDが電気ショックを加える必要があると判断すると「ショックが必要です」などの音声メッセージが流れ、自動的に充電が始まります。充電には数秒かかります。
  • 充電が完了すると「ショックボタンを押してください」などの音声メッセージが流れショックボタンが点灯し、充電完了の連続音がでます。
  • 充電が完了したら「ショックを実行します。みんな離れて!」と注意を促し、誰も傷病者に触れていないことを確認し、ショックボタンを押します。
周囲の安全を確認する

周囲の安全を確認する

ショックボタンを押す

ショックボタンを押す

ポイント
●ショックボタンを押す際は、必ず自分が傷病者から離れ、さらに誰も傷病者に触れていないことを確認します。
●電気ショックが加わると、傷病者の腕や全身の筋肉が一瞬けいれんしたようにビクッと動きます。

4.心肺蘇生法を再開

  • 電気ショックが完了すると「ただちに胸骨圧迫を開始してください」などの音声メッセージが流れますので、これにしたがって、ただちに胸骨圧迫を再開します。
ショック終了後直ちに胸骨圧迫を実施する

胸骨圧迫30回、人工呼吸2回を繰り返す

ポイント
●AEDを使用する場合でも、AEDによる心電図の解析や電気ショックなど、やむを得ない場合を除いて、胸骨圧迫と人工呼吸をできるだけ絶え間なく続けることが大切です。

5.AEDの手順と心肺蘇生法の繰り返し

  • 心肺蘇生法を再開して2分ほど経過すると、AEDは再び自動的に心電図の解析を行います。音声メッセージにしたがって傷病者から手を離し、周りの人を傷病者から離します。
  • 引き続き(心電図の解析、電気ショック、心肺蘇生法の再開)の手順を、約2分間おきに繰り返します。

6.特に注意を払うべき状況

1.パッドを貼るとき

  • 傷病者の胸がぬれている場合
    電気が体表の水を伝わって流れてしまうために、AEDの効果が不十分になります。乾いたタオルで胸を拭いてから電極パッドを貼り付けてください。
  • 胸に貼り薬ががある場合
    貼り薬には、ニトログリセリン製剤や喘息薬などがあります。貼られている場合は、はがして薬剤を拭き取ってから電極パッドを貼ります。貼り薬の上から電極パッドを貼り付けると電気ショックの効果が弱まったり、貼り付け部位にやけどを起こすことがあります。
  • 医療器具が胸に植込まれている場合
    胸の皮膚が盛り上がっており、下に固いものが触れるのでわかります。電極パッドを貼る位置に心臓ペースメーカーや除細動の出っ張りがある時は、その場所を避けて電極パッドを貼ってください。

2.電気ショックの適応がない場合

  • 心電図解析の後「ショックは不要です。ただちに胸骨圧迫を開始してください」などの音声メッセージが流れた場合、除細動ができないものとなっています。この場合には、メッセージにしたがってただちに胸骨圧迫を再開し、胸骨圧迫30回、人工呼吸2回の組合せを続けます。心肺蘇生法を再開して2分間(5サイクルほど)経過すると、AEDは再び自動的に心電図の解析を行います。その後も音声メッセージにしたがってください。

(参考)心肺蘇生法を中止する状態

1.救急隊に引き継いだとき

  • 救急隊が到着したら、傷病者の倒れていた状況、実施した応急手当(心肺蘇生法)、AEDによる電気ショックの回数などをできるだけ伝えます。なお、AEDは自動的に心電図波形や加えたショックの回数等を記憶しています。

2.傷病者がふだんどおり呼吸をし始める、あるいは目的のあるしぐさが認められる

  • ふだんどおりの呼吸や目的のあるしぐさがあれば、心肺蘇生法はいったん終了しますが、反応が戻るまでは気道確保や回復体位が必要となるかもしれませんので、繰り返し反応の有無や呼吸の様子を見ながら救急隊の到着を待ちます。ふだんどおりの呼吸がみられなくなった場合は、ただちに心肺蘇生法を再開します。
清里町AED設置施設一覧
施設名称 台数 施設名称 台数 施設名称 台数
清里トレーニングセンター 1 保健福祉総合センター 1 清里保育所 1
町民プール(緑スキー場)
※季節併用
1 介護老人保健施設きよさと 1 札弦保育所 1
清里小学校 2 特別養護老人ホーム清楽園 1 江南パークゴルフ場
※冬期間閉鎖
1
清里中学校 2 清里クリニック 1 清里オートキャンプ場
※冬期間閉鎖
1
清里高等学校 2 道の駅パパスランドさっつる 1 清里町農業協同組合 2
光岳小学校 1 町民活動施設 1 札弦センター 1
緑町小学校 1 ホテル緑清荘 1 緑センター 1
生涯学習総合センター 1 緑の湯 1 清里町コミュニティセンター 1
きよさと情報交流施設きよーる 1 清岳荘
※冬期間閉鎖
1 裏摩周展望台売店
※冬期間閉鎖
1
  • 上記以外でAEDを設置(保有)している施設がありましたら、消防署清里分署までお知らせください。
  • AED設置施設の中には季節により閉鎖している施設もありますのでご注意ください。
  • 応急手当や心肺蘇生法等の救急に関する知識や技術等の普及のために講習会を行っています。自治会・各事業所等で講習会を希望される場合においては、お気軽にご連絡ください。
  • 一般の方でも使用可能となったAED(自動体外式除細動器)の講習も併せて行っています。清里町については、トレーニングセンターに1台常時設置しており、もう1台はスポーツ大会や各種研修会時に貸出できます。

お問い合わせ先

斜里地区消防組合消防署清里分署
〒099-4492 北海道斜里郡清里町羽衣町13番地
電話:0152-25-2110 FAX:0152-25-3999

更新情報

ページの先頭へ