トップ > 清里町の組織とその仕事 > 保健福祉課 > 保健グループ > マダニが媒介する感染症の予防について

マダニが媒介する感染症の予防について

北海道保健福祉部からの情報提供により、北海道においてダニ媒介脳炎患者の発生が確認され、その後、死亡に至った事例が発生しました。

マダニに咬まれることにより、マダニが保有する細菌やウイルスに感染して「ダニ媒介感染症」を発症する可能性がありますので、咬まれないように予防することが重要です。

ダニ媒介感染症とは

マダニは、森林や草地など屋外に生息する比較的大型のダニで、ダニ媒介感染症(ダニ媒介脳炎・ライム病・回帰熱・日本紅斑熱など)の原因となる病原体を保有していることがあり、人はマダニに咬まれることでこれらの病気に感染することがあります。

予防方法

マダニは春から秋にかけて活動が活発になるので、レジャーや野外作業等で、山や草むら、藪などに入る場合には、マダニに咬まれないようにすることが重要です。

長袖、長ズボン、足を完全に覆う靴、帽子、手袋を着用し、首にタオルを巻く等、肌の露出を少なくすることが大事です。また、シャツの裾はズボンの中に、ズボンの裾は靴下や長靴の中に入れましょう。

屋外活動後は、すぐに入浴して、マダニに咬まれていないか確認しましょう。特に、わきの下、足の付け根、手首、膝の裏、胸の下、頭部、髪の毛の中などがポイントです。

もし、マダニに咬まれていたら

マダニの多くは、人や動物に取り付くと、皮膚にしっかりと口器を突き刺し、数日から、長いものは10日間以上吸血しますが、咬まれたことに気がつかない場合も多いと言われています。吸血中のマダニが体に付いているのを見つけた場合、無理に引き抜こうとするとマダニの一部が皮膚内に残り、化膿したり、マダニの体液を逆流させてしまったりする恐れがあるので、医療機関(皮膚科等)でマダニの除去・洗浄等の処置をしてもらってください。

また、マダニに咬まれた後、数週間程度は体調の変化に注意し、発熱、食欲低下、おう吐、下痢等の症状が認められた場合は医療機関で診察を受けてください。

ダニ媒介感染症については、次のホームページにおいても注意喚起を図っています

厚生労働省
(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164495.htmlこのリンクは別ウィンドウで開きます)

北海道保健福祉部健康安全局地域保健課
(http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/kth/kak/ticks.htmこのリンクは別ウィンドウで開きます)

お問い合わせ先

清里町役場保健福祉課保健グループ
〒099-4405 北海道斜里郡清里町羽衣町35番地
電話:0152-25-3850 FAX:0152-25-2137

更新情報

ページの先頭へ