トップ > 清里町の組織とその仕事 > 議会 > 町議会の役割と仕事

町議会の役割と仕事

町議会の役割

 清里町をより快適で住みよい街にしていくためには、町民の皆さんが話し合い、決定することがもっともよい方法です。 
 しかし、町民全員で話し合うことは実際には不可能なことです。 
 そこで、皆さんの声を町政に反映させるため、代表者として選挙で選ばれた町議会議員が集まり、町政について議論し、決定するところが『町議会』です。そして、町議会で決定したことをもとに、町長や教育委員会などが実際に仕事を進めていきます。 
 このことから、議会は「議決機関」と呼ばれ、町長や教育委員会などは「執行機関」と呼ばれています。両者はそれぞれ独立・対等の立場で、町政を担う「車の両輪」のような関係にあり、相互に抑制と均衡(チェック・アンド・バランス)を図りながら、町民の皆さんが安心して暮らせるまちづくりのために活動しています。 

町議会議員

 町議会議員は、町民の代表として4年ごとの選挙により町民の中から選ばれます。 
 清里町議会議員の定数は9人です。任期は4年で、現議員の任期は平成27年5月1日から平成31年4月30日までです。

議長と副議長 

 議長と副議長は、議員の中から選挙で選ばれます。
 議長は議会を代表し、議会が円滑に運営されるように努め、議会のさまざまな事務を処理します。
 副議長は、議長が病気や事故などで不在の時に、議長に代わってその職務を行います。

町議会の仕事

 町議会には、町民の代表として十分な活動ができるように、議決権、調査権、監査請求権などのいろいろな権限が与えられています。これらの権限に基づき、次のような仕事をしています。

議決

 町政を進めるうえで重要な案件については、議会の決定が必要です。これを「議決」といいます。
 町議会が議決する主なものは次のとおりです。

  • 条例を制定、改正、廃止すること
  • 予算を決めること
  • 決算を認めること
  • 町の税金、使用料、手数料などを決めること
  • 予定価格5千万円以上の工事などの契約をすること
  • 予定価格700万円以上の不動産などを買ったり売ったりすること(土地は、1件5千平方メートル以上)

町政のチェック

 町の仕事が正しく行われているかどうか、事務の内容を検査・調査したり、監査委員に監査を求めたりするなど、町民の代表として町政を監視します。

選挙と同意

 町議会の議長、副議長のほか、選挙管理委員などを選挙します。また、副町長、監査委員、教育委員など重要な地位に就く人を町長が選任・任命する場合には、議会の同意が必要です。

請願・陳情の受理

 議会に提出された請願や陳情を受理、審査し、議会として採択・不採択の意思表示をします。

意見書の提出

 町の公益に関することについて、その実現を図るため、国会や関係機関に意見書を提出します。

お問い合わせ先

清里町役場議会事務局
〒099-4492 北海道斜里郡清里町羽衣町13番地
電話:0152-25-2188 FAX:0152-25-3571

議会

ページの先頭へ