トップ > 清里町の組織とその仕事 > 議会 > 常任委員会・特別委員会・議会運営委員会の会議録 > 2007年 > 第10回(新)産業福祉常任委員会会議録

第10回(新)産業福祉常任委員会会議録

平成19年11月14日(水曜日)

開会:午前10時20分
閉会:午前11時50分

会議に付した事件

  1. 所管事務調査事項について
    • 道内所管事務調査について
  2. 町からの協議・報告事項について
    • 産業課
      1. 指定管理者について
      2. ポイントカードシステム導入事業について
  3. 次回委員会の開催について
  4. その他

出席委員

出席委員一覧
役職名 出席者
委員長 澤田伸幸
副委員長 勝又武司
委員 細矢定雄、田中誠、藤田春男、加藤健次、中西安次
議長 村尾富造

計8名

欠席委員

0名

説明のため出席した者の職氏名

説明のための出席者一覧
役職名 出席者
産業課長 横井英二
商工観光係長 佐川悦子
生涯教育課長 柏木繁延
社会体育係長 松木治巳

職務のため出席した者の職氏名

職務のための出席者一覧
役職名 出席者
事務局長 坂本哲夫
議事係長 鈴木美穂子

開会の宣告


委員長

只今から第10回産業福祉常任委員会を開催致します。

議案1.道内所管事務調査事項について事務局から説明をお願いします。


事務局長

1.所管事務調査事項(1)道内所管事務調査については2ページから3ページに資料が添付してございますのでご覧ください。11月26日から28日までの3日間で行われ、すでに視察先には了解を頂いておりますし、飛行機、貸切バス、宿泊場所等の手配もおおよその準備が終了しております。本日は、視察先の概要・情報等を提供させて頂き、予備知識を持って頂くための説明を致しますので、所管事務調査に役立てて頂きたいと思います。まず、別紙、日程表ですが、前回とは帰りの飛行機の時間が変わっておりますので、再度説明をしたいと思います。

11月26日、清里町を7時40分に私有車借上げで出発しまして、8時40分に女満別空港到着、9時15分発の飛行機で10時5分に千歳空港に到着します。その後は、黒松内町に向かいますが、高速を利用しますから2時間半から3時間で到着できると思います。黒松内町では、2時から3時間程度の視察をお願いしており、宿泊は同町の及川旅館でございます。27日は、黒松内町を8時30分に出発し厚真町に向かいます。道の駅などに寄りながら向かい、視察時間は2時から3時間程度を予定しております。宿泊は、町営のこぶしの湯あつまでございます。

最終日の28日は、予定がなく空港にも近いので、隣町、鵡川町の道の駅に立ち寄り、視察やお土産を買ったりしたいと思います。千歳空港に11時40分頃到着し、12時40分発の飛行機で女満別空港着は13時25分、清里着はおおよそ2時40分頃を予定しております。ただいま説明した別紙の日程表は、ご家庭で連絡用としてご使用をお願い致します。視察当日は、別冊の参考資料をご持参ください。

続きまして、議案の2ページをお開きください。(以下、議案の2ページから3ページおよび別冊の参考資料で説明)
帰町後はレポートの提出をして頂き、報告書作成の作業もあります。


委員長

それでは、道内所管事務調査は各自で精査して頂きたいと思います。日程・内容で何か質問がございませんか。(「なし」との声あり)

なければ所管事務調査の件は終了させて頂きます。


(休憩:10時50分~11時35分)


委員長

指定管理者について、関わりがあるので生涯教育課と産業課から説明をお願いします。


生涯教育課長

指定管理者についてご説明申し上げます。前回の常任委員会で状況について説明致しましたが、生涯教育課所管の施設については、清里町トレーニングセンター、町民プール、清里町図書館を検討し、9月定例会で関連条例の改正・制定も議決されております。オートキャンプ場、江南パークゴルフ場をスポーツ、レクリェーションの類似施設として位置付け、トレセンや町民プールとの組み合わせで管理運営を行うことが効率的な方法と考え、措定管理者制度もこれらを併わせた型で検討を行っております。図書館につきましては、生涯学習総合センターの複合施設であるため管理運営費用の区分、専門的業務内容等々検討の要因が多々あるため、社会体育施設の指定管理者導入の時期から遅れることが予想されますので、ご理解を頂きたいと思います。


産業課長

前回の常任委員会で条例改正に伴う説明をさせて頂きました。所管は産業課と教育委員会ですが、町としては一体なので、ご理解を賜り、説明をさせて頂きます。緑温泉は通年営業なので、単独で指定管理者の募集を行う事が可能と考えます。期間が限定される清里オートキャンプ場や江南パークゴルフ場は、トレーニングセンター、町民プールと組み合わせた内容で検討しております。受ける側の職員の通年雇用も考慮致しました。前回のご協議の場で、ある程度の組み合わせも説明させて頂きましたが、再度の協議が必要との事で本日の提案内容となりました。宜しくご審議をお願い致します。以上でございます。


委員長

指定管理者について、募集の組み合わせでしたが、何かございませんか。


副委員長

運営費の削減のみを念頭に置くと、サービスの低下や雇用される人の処遇に影響が出るので、たとえば、すでに導入されている施 設の検証も必要と考えます。


産業課長

指定管理者導入は経費節減もございますが、住民サービス向上、雇用確保、地域活性化等がどのようになったかが重要でございますので、毎月の報告書で内容を点検させて頂いております。利用者が増加していない厳しい状況の施設もありますが、3年契約で実施しておりますので、精査しながら進めたいと考えております。前回の常任委員会で今後の応募についてのご質問もありましたが、組み合わせが決定しましたら、次回で協議をさせて頂きたいと思います。


委員長

他にありませんか。(「なし」との声あり)

続いて、ポイントカードシステム導入について説明をお願いします。


産業課長

13ページのポイントカードシステム導入事業計画の説明を致します。商工会から、議会と町に提出された要請書の関係でございます。事業名はポイントカードシステム導入事業で、事業主体は清里町商工会でございます。目的は商店の活性化と広域住民サービスで、実質事業は現行のシールを糊付けする方法からカード式に変更しますので、カードの読み込み端末機器導入、ソフトウエア導入、カードの導入。事業費は、1千615万6千800円、町に要請された補助金額は1千454万円となります。商工会は、平成20年4月からの導入を希望しておりますので、周知、諸準備で12月の定例会での補正予算を計上させて頂きたいと考えております。現在、商工会に加入している数は119件ですが、農家の方やポイントカードに馴染まない業種を除いて70店舗程度の予想で進めております。以上でございます。


委員長

今の説明で質問はございますか。


藤田委員

年に2回くらい、商品券を発売して相乗効果を図る考えはありますか。


産業課長

今でも、1万円で1万円プラスの買い物ができる「わくわく商品券」を発売していますが、それもカードで利用できる機能があります。その他カードの有効利用については、商工会で考えていると思います。


加藤委員

カード式になって消費が大きく変わるとは思えませんが、導入に際しては、効果が町に反映する方法や提案を商工会から受け、魅力ある商工会を消費者に伝える事を忘れないで実施してください。


産業課長

ただいまのご意見は非常に重要な事と思います。買い物をしてもシールをくれない等の苦情もありますが、その点はカードを渡して読み込んでもらう事で解消されます。サービスを充実させ、対象商品を多くするためにたくさんの商店に加入して頂き、除外商品も少なくするようにお願いをしたいと思います。


委員長

12月定例会に補正の提案がある予定ですが、他にありませんか。(「なし」との声あり)

議案3.次回の委員会開催についてですが事務局からありますか。


事務局長

12月の定例会が18日からの予定なので、12月10日に議会運営委員会、11日に両常任委員会をお願いしたいと思います。


委員長

12月11日開催で宜しいですか。(「はい」との声あり)

4.その他で何かありますか。


事務局長

ございません。


閉会の宣告


委員長

以上で、第10回産業福祉常任委員会を閉会します。

(閉会:午前11時50分)

お問い合わせ先

清里町役場議会事務局
〒099-4492 北海道斜里郡清里町羽衣町13番地
電話:0152-25-2188 FAX:0152-25-3571

議会

ページの先頭へ