○スポーツ指導者育成研修会等参加への経費交付に関する基準

平成27年7月2日

教委基準第4号

(目的)

第1条 この基準は、各種スポーツの競技力の向上とスポーツを通じた地域人材の育成支援を行うことを目的とし、スポーツ競技の各種研修会や講習会等(以下「研修会等」という)に参加する経費交付に関する必要な事項を定める。

(補助の対象者)

第2条 補助の対象者は、清里町に居住し、本町のスポーツ少年団並びに体育協会加盟団体に所属するスポーツ活動の指導者及びこれから指導者になろうとする方とする。

(補助対象研修会等)

第3条 補助の対象となる研修会等は、次の各号に該当するものであること。

(1) スポーツ指導者の育成、スポーツの普及を目的とした講習会、研修会で、習得した知識、技術を積極的に町民に対して普及活動が図られるものであると教育委員会が認めたもの。

(2) 財団法人日本体育協会公認スポーツ指導者及び中央競技団体公認指導者の資格取得に係る講習会とし、習得した知識、技術を積極的に町民に対して普及活動が図られるものであると教育委員会が認めたもの。

(対象経費)

第4条 研修会等参加の経費は、次の各号により算出された額とする。

(1) 道内(斜網地区市町村及び弟子屈町、標津町、中標津町を除く)で開催され宿泊を伴う場合、一人1日につき5,000円(上限を2万円とする)、道外で開催される場合、一人1日につき10,000円(上限を4万円とする)を補助する。

(2) 道内(斜網地区市町村及び弟子屈町、標津町、中標津町を除く)で開催され宿泊を伴わない場合、一人1日につき2,500円(上限を1万円とする)、道外で開催される場合、一人1日につき10,000円を補助する。

(3) 清里町生涯学習活動車を利用する場合は、前各号の額は支給しない。

(4) 研修会日程等やむを得ない場合を除き、日帰りを基本とする。

(5) テキスト代、受講料、参加負担金など研修会等に参加するために必要な経費は実費とする。ただし、本人の資格取得料、登録料、認定料等は対象外とする。

(6) 自己都合により参加を取りやめた場合に発生する経費は、本人負担とする。

(7) 本基準により交付する経費は、1団体につき年間2名以内とする。

(8) その他、教育委員会が特に必要と認めた経費。

(補助金等の交付申請)

第5条 前条に掲げる経費の交付を受けようとする者は、清里町補助金交付規則に規定する補助金交付申請書に次の書類を添えて教育委員会に提出しなければならない。

(1) 研修会等の経費内訳書

(2) 参加者の名簿

(3) 研修会等の実施要項、案内書類等

(4) 指導目的・計画

(実績報告)

第6条 補助金等を受けた者は、研修会終了後速やかに清里町補助金交付規則に規定する実績報告書に次の書類を添えて教育委員会に提出しなければならない。

(1) 研修会等で使用した経費内訳書

(2) 研修会等の内容がわかる書類

(3) その他参考となるもの

(補足)

第7条 この基準に定めのない事項については、教育委員会と協議し決定する。

附 則

この基準は、公布の日から施行し、平成27年7月1日から適用する。

スポーツ指導者育成研修会等参加への経費交付に関する基準

平成27年7月2日 教育委員会基準第4号

(平成27年7月2日施行)

体系情報
第7編 教  育/第3章 社会教育
沿革情報
平成27年7月2日 教育委員会基準第4号