○清里町特別支援教育連携協議会設置要綱

平成19年10月1日

教委要綱第3号

(設置)

第1条 清里町に清里町特別支援教育連携協議会(以下「協議会」という。)を設置する。

(目的)

第2条 清里町における特別支援教育の推進に関する共通認識を高め、特別な教育的支援を必要とする乳幼児、児童、生徒に対し、教育、福祉、医療等関係機関が連携協力し、情報の共有化や支援体制のネットワーク化を図るものとする。

(協議事項)

第3条 協議会は、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。

(1) 清里町内で特別な教育的支援を必要とする乳幼児、児童、生徒の実態把握及び情報交換に関すること。

(2) 適切な支援を行うための連携・協力に関すること。

(3) 特別支援教育に関する理解啓発に関すること。

(4) その他、目的達成に必要と認められる事項に関すること。

(構成)

第4条 協議会は、委員13名以内をもつて組織する。

2 委員は、別表に掲げる区分により、教育長が委嘱するものとする。

3 委員が欠けた場合には、該当する区分の者を委嘱する。

4 協議会に、会長及び副会長を置く。

5 会長及び副会長は、委員が互選する。

6 会長は会務を総括し、協議会を代表する。

7 副会長は、会長を補佐し、会長に事故がある場合は、その職務を代行する。

8 会長は、必要があると認めたときは、別表に掲げるもの以外の出席を求めることができる。

(役員・委員の任期)

第5条 委員の任期は、2年とする。ただし、委員が欠けた場合における補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

2 委員は、再任することができる。

(会議)

第6条 協議会は、会長が招集する。

2 会議の議長は、会長をもつて充てる。

(部会)

第7条 協議会に、コーディネーター部会を設置する。

2 部会は、各学校のコーディネーターにより構成する。

3 部会長及び副部会長は部員の互選とする。

4 部会長は、部会を統括するとともに、部会の会議を招集し、その議長となる。

5 副部会長は、部会長を補佐し、部会長に事故がある場合は、その職務を代行する。

6 部会の事務局は、部会長の所属する学校に事務局を置く。

(事務局)

第8条 協議会の事務局は、清里町教育委員会生涯教育課に置く。

(その他)

第9条 この要綱に定めるもののほか、協議会に関する事項は、会長が別に定める。

附 則

1 この要綱は、公布の日から施行する。

2 この協議会の最初の委員の任期は、第5条の規程にかかわらず平成21年3月31日までとする。

3 この協議会の最初の会議は、第6条の規程にかかわらず、教育長が招集する。

附 則(平成24年教委要綱第4号)

この要綱は、公布の日から施行する。

別表

区分

機関名

医療関係

清里町保健福祉課保健師

幼稚園

やまと幼稚園

保育所

清里保育所、札弦保育所

小・中学校

清里小学校、光岳小学校、緑町小学校、清里中学校

高等学校

清里高等学校

清里町特別支援教育連携協議会設置要綱

平成19年10月1日 教育委員会要綱第3号

(平成24年2月21日施行)

体系情報
第7編 教  育/第2章 学校教育
沿革情報
平成19年10月1日 教育委員会要綱第3号
平成24年2月21日 教育委員会要綱第4号