○清里町子育て支援保育料補助事業実施要綱

平成24年3月9日

要綱第5号

(目的)

第1条 この要綱は、第2子以上の児童を現に育てている世帯に対し、第2子以降の児童の保育料を補助し、就業と子育ての両立を支援するとともに、子育てにかかる経済的負担を軽減することによつて、子育て環境づくりに資することを目的とする。

(用語)

第2条 この要綱における用語の意義は、次に掲げるとおりとする。

(1) 「児童」とは、中学生以下の現に養育している子をいう。

(2) 「対象児童」とは、保護者が現に養育している子の内、中学生以下の子を第1子と数え、第2子以降が保育所、幼稚園に入所している子をいう。

(3) 「保育料」とは、第3条第1号及び第2号に掲げる保育所及び幼稚園に入所(園)児童の扶養義務者から徴収する保育料(午後保育・夏冬預かり保育料を含む)及び給食費をいう。ただし、入学金、在園料、暖房費、教材費、保護者会費、施設整備費、年間行事費等を除く。

(補助額)

第3条 子育て支援保育料補助額は、対象児童に係る保育料に対し、次のとおりとする。

(1) 清里町立保育所入所の補助額は、現に支払つた保育料の額の2分の1とする。

(2) やまと幼稚園入園の補助額は、現に支払つた保育料の額から清里町私立幼稚園就園費補助金を控除した額の2分の1とする。

(3) 算出した補助額に1,000円未満の端数が生じた場合はこれを切捨てるものとする。

(申請の手続)

第4条 保育料の補助を受けようとする者は、子育て支援保育料補助申請書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。

2 町長は、前項の申請書を受理したときは、その可否を決定し、子育て支援保育料補助決定通知書(様式第2号)で当該申請者に通知するものとする。

3 町長は、対象児童の世帯に町税・使用料等の未納があり、納付相談等に応じない悪質な者には、補助を行なわないことができる。

(補助金の交付)

第5条 補助金は、毎年9月及び3月迄を分割交付する。

2 補助金の交付は、その全て又は一部を「きよさと商品券」で交付することができる。

(委任)

第6条 この要綱の定めるもののほか、この事業の実施に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この要綱は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成24年要綱第17号)

この要綱は、公布の日から施行し、平成24年4月1日から適用する。

清里町子育て支援保育料補助事業実施要綱

平成24年3月9日 要綱第5号

(平成24年4月13日施行)

体系情報
第8編 厚  生/第1章 社会福祉
沿革情報
平成24年3月9日 要綱第5号
平成24年4月13日 要綱第17号