○清里町スポーツ合宿等誘致支援実施要綱

平成24年2月16日

要綱第2号

(趣旨)

第1条 この要綱は、本町におけるスポーツ合宿等の誘致を行うことにより、スポーツ及び文化の推進を図るとともに、経済振興に資することを目的とし、本町で合宿を実施する町外の団体に対する支援に関し、必要な事項を定めるものとする。

(支援対象者)

第2条 支援対象者は、町外に所在する学生及び社会人等で構成されるスポーツ及び文化等の5名以上の団体とする。ただし、町長が必要と認めた場合は、この限りでない。

(支援の要件)

第3条 支援の対象となる合宿は、次に掲げる要件のすべてを満たすもののうち、町長が適当と認めたものとする。

(1) 主に町内で練習し、町内の施設に宿泊するものであること。

(2) 宿泊数が連続3泊以上であること。

(3) 町民を対象とした講習会等の開催に努めること。

(4) 営利を目的とするものでないこと。

(5) 政治的又は宗教的活動を目的とするものでないこと。

(6) 公序良俗に反しないものであること。

(支援の内容)

第4条 支援内容は、次の各号のとおりとする。

(1) 町内に宿泊した延泊数に、1泊あたり1,000円を乗じて算定した額(1,000円未満は切り捨てる)相当のきよさと商品券の支給を行う。但し、きよさと商品券の使用は宿泊費には使えないものとする。なお、上限は1団体につき500,000円相当までとする。

(2) 練習等で使用する公共施設の利用は無料とする。

(3) 必要に応じて、最寄りの駅・空港までの送迎及び練習場等への移動手段を確保する。

(支給申請)

第5条 前条に規定する支援を受けようとする団体は、次に掲げる書類により申請しなければならない。

(1) 清里町スポーツ合宿等誘致支援補助金申請書(別記様式第1号)

(2) 合宿計画書(別記様式第2号)

(3) 合宿参加者名簿(別記様式第3号)

(決定及び支給の時期)

第6条 町長は前条の申請があつたときは、これを審査し、該当申請にかかる支援を決定したとき、清里町スポーツ合宿等誘致支援補助金交付決定書(別記様式第4号)により通知するものとする。

2 町長は、前項により決定のあつた日から合宿終了日までに、支援を行うものとする。ただし、特別の事情により町長が認めるときはこの限りではない。

(実績報告)

第7条 補助金の交付決定を受けた団体は、事業終了後、速やかに次に掲げる書類を提出し、報告しなければならない。

(1) 清里町スポーツ合宿等誘致支援補助金実績報告書(別記様式第5号)

(2) 合宿実績書(別記様式第2号)

(支援の取消し)

第8条 町長は次の各号の一に該当すると認めたときは、支援を取り消し、既に支援した内容の全部若しくは一部の返還を命ずることができる。

(1) 申請のあつた合宿の計画が変更されたとき。

(2) 偽りその他不正手段により支援品を受けたとき。

附 則

この要綱は、公布の日から施行する。

附 則(平成25年教委要綱第1号)

この要綱は、平成25年4月1日から施行する。

清里町スポーツ合宿等誘致支援実施要綱

平成24年2月16日 要綱第2号

(平成25年4月1日施行)