○清里町学校関係者評価委員会設置要綱

平成20年10月28日

教委要綱第1号

(趣旨)

第1条 この要綱は学校関係者評価委員会の設置及び運営に関する必要な事項を定める。

(目的)

第2条 学校の自己評価の客観性を高めるとともに、学校関係者評価を実施することにより、教職員と保護者・地域住民等が学校運営の現状と課題について共通理解をもち、協力することにより、教育活動その他の学校運営が適切に行われるよう学校関係者評価委員会を設置する。

(設置)

第3条 学校は、学校関係者評価委員によつて構成される学校関係者評価委員会を設置する。

2 学校関係者評価委員会の構成員は、当該学校の職員以外の者で、保護者、PTA役員、学校評議員、地域住民、学識経験者等のうちから、校長が推薦し、教育委員会が委嘱するものとする。

3 校長は学校関係者評価委員を推薦するときは、「学校関係者評価委員推薦書」を教育委員会に提出しなければならない。

(定数)

第4条 学校関係者評価委員会の定数は、1校につき5名以内とする。

(任期)

第5条 学校関係者評価委員の任期は、委嘱の日から当該年度の3月31日までとし、再任することができる。

2 欠員により補充した後任の学校関係者評価委員の任期は、前任者の残任期間とする。

3 教育委員会は、本人の辞任申出のほか、特別な事情があると認めたときは、校長の具申により学校関係者評価委員を解嘱することができる。

(運営)

第6条 学校は、学校関係者評価委員会の運営にあたり、次に掲げる事項を学校関係者評価委員会に対して説明する。

ア 学校の中期教育目標と単年度の重点教育目標及び各種具体的計画。

イ 学校の自己評価結果及び改善方策。

ウ その他学校関係者評価の実施に必要な事項。

2 学校関係者評価委員会は次に掲げる事項を行うものとする。

ア 学校の自己評価が適切に行われたかどうか検証する。

イ 教育活動その他学校運営の改善に向けた取組が適切かどうかを検証する。

ウ 評価結果を学校関係者評価書に取りまとめ教育長に報告する。

(委員長)

第7条 学校関係者評価委員会には委員長をおき、委員の互選により定める。

2 委員長は学校関係者評価委員会を代表し、会務を総括する。

3 委員長に事故があるときは、あらかじめ委員長の指名する委員がその職務を代行する。

(守秘義務)

第8条 学校関係者評価委員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。又その職を退いた後も同様とする。

(その他)

第9条 この要綱に定めるもののほか、学校関係者評価委員会に関し必要な事項は、教育長が別に定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行する。

清里町学校関係者評価委員会設置要綱

平成20年10月28日 教育委員会要綱第1号

(平成20年10月28日施行)

体系情報
第7編 教  育/第2章 学校教育
沿革情報
平成20年10月28日 教育委員会要綱第1号