○清里町グループ制の運営に関する規程

平成20年3月27日

規程第5号

(目的)

第1条 この規程は、グループ制の運営に関し必要な事項を定めるとともに、行政運営の効率化を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 グループとは、課における分掌事務を処理するための組織をいう。

(グループの編成)

第3条 グループは、事務の相互の関連性、効率性を考慮し、当該事務が一体的に運営されることが適当と認められる規模及び職員をもつて、編成するものとする。

2 グループは、原則として年度の初めに編成するものとする。

3 グループは、担当事務を明らかにするとともに、町民にわかりやすい名称をつけるものとする。

4 グループに、当該グループの事務を調整し、その進行管理を行うため、グループリーダー(以下「リーダー」という。)として主幹又は総括主査を置く。

(グループ内の編成及び変更)

第4条 グループ内の編成は、課の総合的な管理運営を適切に行うため、課長(課に相当する施設等の長を含む。以下同じ。)が調整の上、副町長と協議し行うものとする。

2 課長は、課の分掌事務の量的、質的変化に迅速に対応し、事務の効率的な執行を図るため必要と認めるときは、調整の上、副町長と協議し、年度の途中において職員の担任事務及び人数など、グループ内の編成を変更することができるものとする。

3 課長は、グループ内の編成又は編成の変更を行つた場合は、グループ内編成協議書(様式第1号)により、町長の決裁を受けるものとする。

(職員の配置)

第5条 任命権者は、課長職を除く職員(以下「職員」という。)を、原則としてグループに配置するものとする。

2 課長はリーダーと連携の上、グループ内の職員の担任事務を決めるものとし、その決定にあたつては、次に掲げる事項に留意しなければならない。

(1) グループ内の編成による事務執行が適正に行われること。

(2) 職員の能力が最良に発揮されること。

(3) グループ間の事務の関連性、事務量等を考慮して、職員が所属するグループと異なるグループの事務を行わせることを可能とすること。

(課長等の責務)

第6条 課長は、常に所掌する事務事業の執行に当たり、創意工夫により臨機応変に対応できるようグループを運営しなければならない。

2 課長は、年間業務計画表及び短期業務計画表などを作成し、課内の流動的な事務量に対応するため常にグループの事務執行状況を把握しなければならない。

3 課長は、複数のグループを所管する場合にあつては、グループ間の事務調整又は事務配分について必要な見直しをするなど、事務執行管理を行わなければならない。

4 課長は、グループの事務執行を評価するとともに、適正な事務処理を図るため、グループ内の編成を見直さなければならない。

(グループリーダーの責務)

第7条 リーダーは、自らの事務遂行とともに、常にグループの事務執行状況を把握し、職員が最善の努力と有効適切な方法で事務執行するようグループを運営しなければならない。

2 リーダーは、職員の事務の調整及びグループ内の協調を図らなければならない。

3 リーダーは、課長と協力し、グループ間の連携及びグループ内の調整を行い、業務目標の達成に努めなければならない。

(業務担当及び管理)

第8条 リーダーは、毎年度、課長と協議の上、グループ事務分掌(様式第2号)を作成し、細部の事務事業について業務分担を行い、グループの事務を円滑に進めなければならない。

2 リーダーは、業務管理表などを作成し、職員の事務執行状況を把握し適切に助言・指導するとともに、職員を育成しなければならない。

3 課長は、常に業務管理表及び職員との打合わせ等により、課内の事務執行状況を把握し、適切な指示・命令を行うとともに、所属職員を育成しなければならない。

(課長のグループリーダー兼務)

第9条 グループにリーダーが置かれていない場合は、課長がリーダーを兼務するものとする。

(その他)

第10条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

この規程は、平成20年4月1日から施行する。

清里町グループ制の運営に関する規程

平成20年3月27日 規程第5号

(平成20年4月1日施行)