○清里町廃棄物の処理及び清掃に関する条例施行規則

平成17年2月8日

規則第2号

清里町廃棄物の処理及び清掃に関する条例施行規則(平成13年規則第7号)を次のように改正する。

(目的)

第1条 この規則は、清里町廃棄物の処理及び清掃に関する条例(昭和58年条例第3号。以下「条例」という。)の施行について、必要な事項を定めることを目的とする。

(一般廃棄物に使用する容器)

第2条 条例第14条第1項に規定する容器は、清里町指定ごみ袋(以下「指定袋」という。)によるものとし、次のとおりとする。

(1) 清里町家庭用可燃ごみ指定袋(別記1)

(2) 清里町家庭用不燃ごみ指定袋(別記2)

(3) 清里町指定ごみ袋事業用(別記3)

(4) 清里町指定ごみ袋(別記4)

(5) 公用袋

(一般廃棄物の排出方法)

第3条 一般廃棄物の区分は、可燃ごみ、不燃ごみ、資源ごみ、粗大ごみとし、次により排出するものとする。

(1) 家庭系一般廃棄物は、前条第1号及び第2号に掲げる指定袋で排出するものとする。

(2) 事業系一般廃棄物は、前条第3号に掲げる指定袋で排出するものとする。

(3) 資源ごみについては、前条第4号に掲げる指定袋で排出するものとする。

(4) ボランティア活動及び町長が指定する施設から排出されたごみは、前条第5項に掲げる公用袋を使用できるものとする。

2 資源ごみは、それぞれ品目ごとに指定袋に分別の上、排出するものとする。

3 粗大ごみを排出しようとするときは、条例第16条第1項別表1の番号2に定めるごみ処理券(別記5)を貼付し、町長が指定する日時、場所に排出しなければならない。

(1) 粗大ごみが散乱するおそれがあるものは、梱包等の方法により排出しなければならない。

(指定ごみ袋の免除)

第4条 前条の指定袋を使用せずに排出できるごみは、次のとおりとする。

(1) ダンボール、牛乳パック等で別に排出方法を指示しているもの。

(2) 粗大ごみ

(3) その他、町長が認めたもの。

(一般廃棄物処理手数料の免除)

第5条 条例第16条第2項に規定する免除を受けようとする者は、一般廃棄物処理手数料免除申請書(別記第1号様式)を町長に提出しなければならない。

2 町長は、前項に規定する申請があつた場合は、その内容を審査し、免除すべきと判断したときは、申請者に対して、一般廃棄物処理手数料免除決定書(別記第2号様式)を交付するものとする。

(ボランティア活動に伴うごみ処理)

第6条 町が主催又は、共催するごみゼロ運動等及び毎月の道路清掃並びに自治会、団体等(以下「団体等」という。)がボランティア活動により収集したごみの排出は、公用袋を使用できるものとする。

2 公用袋の交付を受けようとする団体等は、公用袋交付申請書(別記第3号様式)を町長に提出しなければならない。

3 町長は、前項の規定により申請があつたときは、その内容を審査し、交付すべきと判断したときは、公用袋を交付するものとする。

4 前項の規定により、公用袋の交付を受けた団体等は、公用袋受領書(別記第4号様式)を町長に提出しなければならない。

(他市町村の事業系一般廃棄物の焼却処分申請)

第7条 条例第7条第5項に規定する他市町村の事業系一般廃棄物の焼却に係る申請については、別記第5号様式の申請書によるものとする。

(補則)

第8条 この規則のほか、必要な事項は別に定める。

附 則

1 この規則は、平成17年4月1日から施行する。

2 この規則の施行の際、改正前の旧規則によつてした手続その他の行為は、改正後の相当規定によつてしたものとみなす。

清里町廃棄物の処理及び清掃に関する条例施行規則

平成17年2月8日 規則第2号

(平成17年4月1日施行)