○清里町営牧野管理規程

昭和44年8月3日

規程第2号

第1条 清里町営牧野条例(昭和39年清里町条例第14号)に基づいて、牧野を適正に管理運営するためこの規程を設定する。

第2条 牧野を利用しようとするものは、別に定める様式によつて町長の使用許可をうけなければならない。

第3条 放牧は、草生の状況により放牧期間を定め、放牧頭数を制限することができる。

第4条 放牧家畜の種類は、次のとおりとする。

(1) 

(2) 

ただし、雄については去勢したもの

第5条 放牧家畜の条件は、次のとおりとする。

(1) 家畜共済保険に加入していること。

(2) 除角していること。

第6条 放牧期間中に家畜が病死、怪我、行方不明等の事故にあつた場合、町長はその責を負わない。

第7条 この規程の外必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規程は、公布の日より施行する。

附 則(平成4年規程第1号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成21年規程第1号)

この規程は、平成21年4月1日から施行する。

清里町営牧野管理規程

昭和44年8月3日 規程第2号

(平成21年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 農林・畜産
沿革情報
昭和44年8月3日 規程第2号
平成4年3月19日 規程第1号
平成21年3月30日 規程第1号