○清里町営牧野条例

昭和39年3月16日

条例第14号

(設置)

第1条 主として本町住民が飼養する家畜の放牧に供するため、清里町営牧野(以下「牧野」という。)を設置する。

(位置及び面積)

第2条 牧野の位置及び面積は、次のとおりとする。

位置 清里町字江南807番地及び清里町字江南808番地

面積 202.8680ヘクタール

(運営の基本方針)

第3条 牧野は、法令の定めるところに従い、その事業を遂行し、もつて牧野の目的の実現に努めなければならない。

(使用料の徴収)

第4条 牧野管理規程に基づいて牧野利用の許可を受けた者からは、次の使用料を徴収する。

区分

使用料の額(日額)

牛馬1頭につき18ケ月未満

180円

18ケ月以上

200円

仔付

240円

2 町住民以外の者が牧野を使用する場合の使用料は、前項に定める使用料に50円を加算した額とする。

(使用料の納付方法)

第5条 使用料は、放牧終了後に牧野利用の実績により納付しなければならない。

(過料)

第6条 第4条の許可を受けないで使用した者は、5万円以下の過料を科する。

2 詐欺、その他不正の行為により、第4条に規定する使用料の徴収を免れた者は、その徴収を免れた金額の5倍に相当する金額(当該5倍に相当する金額が5万円を超えないときは、5万円とする。)以下の過料を科する。

(委任)

第7条 この条例の施行について必要な事項は、町長が定める。

附 則

1 この条例は、昭和39年4月1日から施行する。

2 この条例の施行の際、現に存する牧野はこの条例により設置されたものとみなす。

3 清里町牧野使用料に関する条例(昭和35年条例第6号。以下「旧条例」という。)は、廃止する。

4 旧条例により納付すべき牧野使用料の徴収は、なお従前の例による。

附 則(昭和42年条例第4号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和45年条例第29号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和45年4月1日から適用する。

附 則(昭和51年条例第13号)

この条例は、昭和51年4月1日から施行する。

附 則(昭和53年条例第7号)

この条例は、昭和53年4月1日から施行する。

附 則(昭和57年条例第4号)

この条例は、昭和57年4月1日から施行する。

附 則(昭和62年条例第3号)

この条例は、昭和62年4月1日から施行する。

附 則(平成9年条例第15号)

この条例は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成12年条例第34号)

この条例は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成21年条例第8号)

この条例は、平成21年4月1日から施行する。

清里町営牧野条例

昭和39年3月16日 条例第14号

(平成21年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 農林・畜産
沿革情報
昭和39年3月16日 条例第14号
昭和42年6月2日 条例第4号
昭和45年3月23日 条例第29号
昭和51年1月30日 条例第13号
昭和53年3月22日 条例第7号
昭和57年3月20日 条例第4号
昭和62年3月17日 条例第3号
平成9年3月21日 条例第15号
平成12年3月17日 条例第34号
平成21年3月16日 条例第8号