○清里町農家負担軽減資金利子助成制度要綱

平成7年10月1日

要綱第14号

(趣旨)

第1条 農業経営の改善を積極的に取り組む意欲と能力を有し、既往債務の負担軽減を図るため必要な資金の融資を受けた農業者に対し、金利負担の軽減を図るために行う利子助成に関し、必要な事項を定めるものとする。

(利子助成対象資金)

第2条 利子助成対象資金は、農家負担軽減支援特別対策により創設された農家負担軽減支援特別資金及び自作農維持資金(再建整備資金、償還円滑化資金)とする。

(利子助成対象の承認)

第3条 前条の融資を受ける農業者は、農業経営改善・安定推進計画を町長に提出し認定を受けなければならない。

2 前項の農業経営改善・安定推進計画の承認農業者は、株式会社日本政策金融公庫及び農業協同組合から貸付決定を受けた場合速やかに、別紙利子助成承認申請書を提出し、町長の承認を受けなければならない。

(利子助成)

第4条 町は、この要綱の定めるところにより、予算の範囲以内において、利子助成金を交付する。

(利子助成率)

第5条 前条の利子助成金の利子助成率は、年貸付利率と実質末端利率2.0パーセントとの差額又は年0.5パーセントのいずれか低い率とする。

(利子助成の期間)

第6条 利子助成を行う期間は、当該資金を借り受けた日から資金の償還期限までとする。

(利子助成金の額)

第7条 第4条の規定により交付する利子助成金の額は、毎年4月1日から翌年3月31日迄の期間における融資平均残高(計算期間中の毎日の最高残高(延滞額を除く。)の総額を、年間の日数で除して得た金額とする。)に対し、第5条に規定する利子助成率を乗じて得た額とする。

(利子助成金の請求)

第8条 第3条第2項の承認を受けた農業者は、当該期間の利子に関する計算書を添えて、町長が別に定める期日までに請求しなければならない。

(利子助成金の交付)

第9条 町長は、前条により利子助成金の請求があつた場合において、その請求が適当であると認めたときは、当該申請書を受理した日の属する月の翌月の末日までに利子助成金を交付するものとする。

(協力義務)

第10条 町長が、当該資金の融資状況等につき報告を求めた場合又はその職員をして当該融資に関する帳簿、書類等を調査させる場合は、関係融資機関等はこれに協力しなければならない。

(委任)

第11条 この要綱の施行に関し必要な事項は、別に町長が定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行する。

附 則(平成8年要綱第8号)

この要綱は、公布の日から施行し、平成7年10月1日から適用する。

附 則(平成10年要綱第2号)

この要綱は、公布の日から施行し、平成9年11月20日から適用する。

附 則(平成21年要綱第18号)

この要綱は、公布の日から施行し、この要綱の施行前にこの要綱による改正前の清里町農家負担軽減資金利子助成制度要綱の規定に基づき行われた処分、手続きその他の行為は、この要綱による改正後の清里町農家負担軽減資金利子助成制度要綱の規定によりなされた処分、手続きその他の行為とみなす。

清里町農家負担軽減資金利子助成制度要綱

平成7年10月1日 要綱第14号

(平成21年10月30日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 農林・畜産
沿革情報
平成7年10月1日 要綱第14号
平成8年3月25日 要綱第8号
平成10年1月14日 要綱第2号
平成21年10月30日 要綱第18号