○清里町農業委員会事務局処務規程

昭和44年4月1日

規程第1号

第1章 総則

第1条 この規程は、農業委員会事務局(以下「事務局」という。)の事務の処理及び職員の服務等に関し必要な事項を定めるものとする。

第2章 事務の処理

第2条 到着文書の受付及び配付は、次の各号の定めるところによる。

(1) 到着した文書は、開封の上文書に日付印を押し、閲覧に供し、閲覧後、各係に配付する。

(2) 電報は、電信処理票により処理しなければならない。

(3) 親展文書及び秘密文書は、封のまま親展文書配付簿に記載し、会長、会長代理宛のものは、事務局長に、その他のものは名宛人に交付して、その受領印を受けなければならない。

(4) 現金、金券等は、金券交付簿に記載し、会長、会長代理宛のものは名宛人に交付して、その受領印を受けなければならない。

(5) 図書(書籍、加除録、雑誌等)は、図書受付簿に記載し、前第1号により処理する。

第3条 口頭、又は電話により受理した事件は、口頭(電話)処理票に記載して、前条第1号に定める手続をとらなければならない。

第4条 訴訟書、訴願書、異議申立書、その他収受の日時が、権利等に関係ある文書は、その封皮に「収受の日時」を記入し、取扱者がこれに印を押して、その文書に添付しておかなければならない。

第3章 文書の処理

第5条 配付を受けたる文書は、既決することを例とし、その期限内に処理をする。

2 前項の事件で重要なものについては、事務局長は、あらかじめ会長の指揮を受けなければならない。

3 処理の文書は、取扱文書順序に従い施行の新しきものを上部とし、関係文書を一括編綴し、その経過を明らかにする。

第6条 緊急な事件で正規の手続きによつて起案するいとまがないときは、上司の指示をうけ便宜処理をすることができる。

2 前項の規定により便宜処理した事件は、処理後直ちに正規の手続をとらなければならない。

第7条 回議文書にして町長の事務部局及び他の機関に関係のあるものはすべて合議とする。

第8条 発送を要する文書は、決裁文書によつて浄書、校合し、決裁文書の所定文書の所定欄に発送日を記入して取扱者が印を押すべし。

第9条 令達の種類は、次の通りとする。

(1) 告示 町内の全部、又は一部に公示する。

(2) 達甲 委員会の内部、又は職員に対して発する指示命令等で将来例規となるもの。

(3) 達乙 委員会の内部、又は職員に対して発する指示命令等で一時、又は一事件に限つて指揮命令するもの。

(4) 達丙 その他団体及び個人に命令するもの。

2 令達の種類ごとに令達番号簿に所要事項を記入の上処理するものとする。

第10条 総て他に発送する文書は、特別の規定ある以外は、会長名にて行なう。但し、軽易なものは、局長名、又は担当名を用うることもある。

第4章 文書の整理及び保持

第11条 完結文書は、速かに編纂するものとし、保存期間は、別に定める規定により処理しなければならない。

第12条 文書は、事務局長並びに事務局次長及び主査の指示を受けなければ事務局外に持出してはならない。

第5章 物品の取扱

第13条 事務局に図書台帳、備品台帳を備え付け、その保管整理をしなければならない。

第6章 服務

第14条 職員は、出勤時間までに登庁しなければならない。

第15条 本会議に出務を命ぜられた職員は、次の事項を守らなければならない。

(1) 委員の席数を常に明確にしておくこと。

(2) 会場の整備に関すること。

(3) 議事、記録に関すること。

(4) 前各号のほか、特に命ぜられたこと。

第16条 職員は、病気、その他の事由により、出勤時間までに登庁出来ないときは、その旨を事務局長に届出なければならない。

2 職員は、執務時間中に外出、又は止むを得ない事故により退庁時間前に退出しようとするときは、事務局長に届出て承認を受けなければならない。

第17条 出張は、命令簿をもつて命ずる。

2 職員は、出張を終つて帰庁したときは、速かに復命書を提出すること。但し、軽易な事件については、口頭をもつて足りる。

第7章 補則

第18条 この規定に定めるものを除くほか、事務局の処務並びに職員の服務に関しては、町長の事務部局の例による。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成20年農委規程第1号)

この規程は、平成20年4月1日から施行する。

清里町農業委員会事務局処務規程

昭和44年4月1日 規程第1号

(平成20年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第1章 農業委員会
沿革情報
昭和44年4月1日 規程第1号
平成20年3月27日 農業委員会規程第1号