○清里町農業委員会事務局の組織に関する規則

昭和41年5月4日

規則第3号

(目的)

第1条 この規則は、清里町農業委員会事務局(以下「事務局」という。)の内部組織に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(組織)

第2条 事務局に次の担当を置く。

(1) 庶務担当

(2) 農地担当

第3条 事務局に事務局長並びに事務局次長及び主査を置く。

2 事務局長は、会長の命を受けて事務局の事務を掌理し、職員を監督する。次長は局長を補佐する。

3 主査は、上司の命を受けて担当の事務を掌理する。

(決裁)

第4条 事務局の事務は、会長が決裁する。

第5条 事務局長は、代決若しくは代理をした事務については、軽易な事務を除き後閲に供しなければならない。

2 事務局長不在の時は、事務局次長が代決し、上司の後閲に供しなければならない。

(事務局長の専決事項)

第6条 次の事項は、事務局長において専決することができる。

(1) 職員の諸給与に関する事項

(2) 職員の出張及び時間外勤務に関する事項

(3) 職員の休暇及び旅行の許否に関する事項

(4) 予算内の物品購入、備品の修繕、諸事の借上、その他支出に関する事項

(5) 農業委員会の資料配付に関する事項

(6) その他軽易なる事項

(担当の所掌事務)

第7条 庶務担当の所掌事務は、次の通りとする。

(1) 文章、物件の収受、発送、編纂及び保存に関すること。

(2) 台帳の整理、保管に関すること。

(3) 公印の保管に関すること。

(4) 会議に関すること。

(5) 議案に関すること。

(6) 議決及び決定事項の処理に関すること。

(7) 意見の公表、建議、又は答申に関すること。

(8) 委員会に関する条例、その他の規程に関すること。

(9) 関係法令に基づく公示に関すること。

(10) 異議の申出及び訴願に関すること。

(11) 陳情、諸願に関すること。

(12) 諸証明に関すること。

(13) 委員の身分及び報酬、費用弁償、その他給与並びに処遇に関すること。

(14) 職員の人事、給与、厚生に関すること。

(15) 会議録、記録等の調整に関すること。

(16) 委員の出欠席に関すること。

(17) 委員会の公報活動に関すること。

(18) 農業者年金業務に関すること。

(19) 農業及び農村に関する振興計画の樹立及び実施の推進に関すること。

(20) 農業技術の改良、農作物の病害虫の防除、その他農業生産の推進に関すること。

(21) 農業生産、農業経営の合理化及び農民生活の改善に関すること。

(22) 農業、農民に関する啓蒙及び宣伝に関すること。

(23) その他他担当に属しないこと。

第8条 農地担当の所掌事務は、次の通りとする。

(1) 農地、又は採草放牧地について使用貸借による権利、又は賃借権斡旋に関すること。

(2) 農地、又は採草放牧地等の所有権移転、地上権、永小作権等の設定斡旋に関すること。

(3) 農地、又は採草放牧地の転用に関すること。

(4) 小作地の所有状況、小作料制限、公示、買収契約等に関すること。

(5) 農地、又は採草放牧地、附帯施設等の買収に関すること。

(6) 利用権設定に関すること。

(7) 国有農地、並びに採草放牧地に関すること。

(8) 開拓地の土地利用状況検査に関すること。

(9) 未墾地の買収、売渡、公示に関すること。

(10) 土地改良法に基づく交換分合に関すること。

(11) 農地相談業務に関すること。

(12) 利用関係の調整に関すること。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成12年農委規則第1号)

この規則は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成20年農委規則第1号)

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

清里町農業委員会事務局の組織に関する規則

昭和41年5月4日 規則第3号

(平成20年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第1章 農業委員会
沿革情報
昭和41年5月4日 規則第3号
平成12年3月28日 農業委員会規則第1号
平成20年3月27日 農業委員会規則第1号