○清里町墓地条例施行規則

平成12年3月27日

規則第10号

(目的)

第1条 この規則は、清里町墓地条例(平成12年条例第30号。以下「条例」という。)の施行について、必要な事項を定めることを目的とする。

(使用許可の申請)

第2条 条例第4条第1項の規定により墓地の使用許可を受けようとする者は、墓地使用申請書(別記第1号の1様式別記第1号の2様式)に、本籍及び住所を証する書類を添えて町長に申請しなければならない。

(許可書及び再交付)

第3条 町長は、墓地の使用を許可したときは、墓地使用許可書(以下「許可書」という。)(別記第2号様式)を交付するものとする。

2 墓地の使用許可は使用申請の順に従い、町長が別に定める基準により行う。

3 第1項の許可書を亡失又は汚損したときは、墓地使用許可書再交付申請書(別記第3号様式)を町長に提出し、再交付を受けることができる。

(町長の認める使用者の資格)

第4条 条例第5条第1項ただし書に規定する、町長が相当の理由があると認めるときは、次の各号の一に掲げる者とする。

(1) 町に本籍を有する者

(2) 町に3親等以内の親族を有する者

(3) 町勢の進展に顕著な功績を有し、特に町長が認めた者

(代理人の届出)

第5条 条例第5条第2項及び第3項の規定による代理人の届出について承認を受けようとするときは、墓地使用者代理人届(別記第4号様式)によらなければならない。

(埋葬等の届出)

第6条 使用者が埋葬又は埋蔵(以下「埋葬等」という。)を行うときは、墓地埋葬等届(別記第5号様式)に、埋葬許可証又は火葬許可証若しくは改葬許可証を添えて町長に提出しなければならない。

2 条例第6条ただし書に規定する、使用者及びその親族又は同居者でない者の埋葬等の承認を受けようとするときは、親族外埋葬等承認申請書(別記第6号様式)を町長に提出しなければならない。

(使用権利の承継)

第7条 条例第7条第2項の規定による承継の許可を受けようとする者は、墓地使用権利承継届(別記第7号様式)に、従前の使用者の許可書及び従前の使用者との関係を証する書類を添えて町長に提出しなければならない。

(返還の手続)

第8条 条例第13条第1項の規定により墓地を返還するときは、墓地返還届(別記第8号様式)に許可書を添えて町長に提出しなければならない。

(工事手続)

第9条 条例第14条に規定する墓地内の設備の新設又は変更又は条例第12条第2項に規定する移転又は改修及び条例第13条第1項に規定する原形に復すための工事を行なうときは、使用者は、墓地工事着手届(別記第9号様式)に設計書を添えて町長に届け出て承認を受けなければならない。

2 使用者は、工事が完了したときは、速やかに工事完了届(別記第10号様式)を町長に提出しなければならない。

(墓碑等の規制)

第10条 使用者は、墓地内の設備として墓碑等を建設又は改修する場合は、町長が別に定める基準に従わなければならない。

(申請届出書類の記載事項変更届)

第11条 使用者が町長に申請若しくは届出した書類に変更が生じた場合は、変更届(別記第11号様式)にそれを証する書類を添えて町長に提出しなければならない。

(補則)

第12条 この規則のほか、必要な事項は別に定める。

附 則

この規則は、平成12年4月1日から施行する。

清里町墓地条例施行規則

平成12年3月27日 規則第10号

(平成12年3月27日施行)