○清里町福祉入浴券交付要綱

平成3年1月30日

要綱第1号

(目的)

1 清里町に住所を有する高齢者並びに身体に重度の障害のある者のために入浴券を給付し、福祉の増進を図ることを目的とする。

(入浴券給付対象者)

2 この事業の対象者は、70歳以上の高齢者並びに身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条の規定により身体障害者手帳の交付を受けた者であり、かつ、身体障害者福祉法施行規則(昭和25年厚生省令第15号)別表第5に掲げる、3級以上に該当する者とする。

(入浴券利用回数)

3 高齢者 年間24回

身体障害者 制限なし

(入浴券の交付)

4 町長は、毎年受給資格があると認めたときは、入浴券を交付する。入浴券は再交付しない。

(1) 高齢者が満70歳に達した日より月割りで交付する。

(資格の消滅)

5 受給資格は、次に掲げる事由に該当した日をもつて消滅し、すみやかに町長に返還しなければならない。

(1) 死亡したとき

(2) 介護保険施設等へ入所したとき

(3) 住所を有しなくなつたとき

(入浴券の利用範囲)

6 入浴券の利用できる施設は、次のとおりとする。

(1) 緑清荘

(2) パパスランド施設

(3) 緑温泉

(実施主体)

7 町は福祉入浴券の交付を行い、事業の実施は第6項の施設の指定管理者が行うものとする。

(補助金の交付)

8 町は第7項の実施主体に対し、福祉入浴券利用に係る入浴料金の2分の1の額を補助するものとし、毎年9月及び3月までの実績に基づく請求のあつたものを、翌月に支給するものとする。

附 則

この要綱は、平成3年4月1日から施行する。

附 則(平成4年要綱第6号)

この要綱は、平成4年4月1日から施行する。

附 則(平成8年要綱第6号)

この要綱は、平成8年4月1日から施行する。

附 則(平成11年要綱第5号)

この要綱は、平成11年2月1日から施行する。

附 則(平成18年要綱第11号)

この要綱は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成20年要綱第11号)

この要綱は、平成20年4月1日から適用する。

附 則(平成27年要綱第17号)

この要綱は、平成27年4月1日から適用する。

清里町福祉入浴券交付要綱

平成3年1月30日 要綱第1号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第8編 厚  生/第1章 社会福祉
沿革情報
平成3年1月30日 要綱第1号
平成4年3月19日 要綱第6号
平成8年3月22日 要綱第6号
平成11年3月23日 要綱第5号
平成18年3月31日 要綱第11号
平成20年3月27日 要綱第11号
平成27年6月23日 要綱第17号