○清里町介護老人保健施設の設置及び管理条例

平成11年12月22日

条例第19号

(目的)

第1条 この条例は、高齢者等の保健医療の向上及び福祉の増進を図るため、介護保険法(平成9年法律第123号。以下「法」という。)に規定する介護老人保健施設(以下「施設」という。)を設置し、管理その他必要な事項を定めることを目的とする。

(名称及び位置)

第2条 施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

介護老人保健施設きよさと

清里町羽衣町35番地35

(運営方針)

第3条 施設は、次に掲げる方針に基づき運営を行うものとする。

(1) 施設は利用者の自主性を尊重し、明るく家庭的な雰囲気の中で、日常生活の自立を援助する。

(2) 看護、介護、機能訓練その他サービスは、入所者等個々に合わせたケアプランに基づき行うものとする。

(3) 医療、保健及び福祉との連携を図り、地域や家庭との結び付きを重視する。

(4) その他目的を達成するため職員の資質の向上を図る。

(入所者等の定員)

第4条 施設の定員は、次のとおりとする。

(1) 入所者 72名(短期入所療養介護を含む)

(2) 通所者 20名(1日につき)

(利用対象者)

第5条 施設に入所することができる者は、法に規定する「要介護者」とし、通所、短期入所、訪問リハビリテーションをすることができる者は「要介護者」及び「要支援者」とする。

2 町長は、前項の規定にかかわらず、特に定める者について施設を利用させることができる。

(利用の許可)

第6条 施設を利用しようとする者は、介護老人保健施設利用申込書(様式第1号)を指定管理者(地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項に規定する指定管理者をいう。以下同じ)に提出し、許可を受けなければならない。

(利用の決定)

第7条 指定管理者は、介護老人保健施設利用申込書を受理したときは、その利用を決定し、当該申込者に速やかに介護老人保健施設利用(決定・却下)通知書(様式第2号)により通知するものとする。

(管理運営)

第8条 施設は、常に良好な状態において管理し、その設置目的のため効率的に運営しなければならない。

(管理運営)

第9条 施設の管理運営を指定管理者に行わせるものとする。

(利用料金等)

第10条 施設を利用する者は、町長が別に定める利用料金及び手数料(以下「利用料金等」という。)を町長に納付するものとする。

2 町長は、介護保険介護報酬及び利用料金等を除き指定管理者の収入として収受させるものとする。

(利用料の減免)

第11条 町長は、施設を利用する者が次の各号の一に該当すると認めるときは、利用料を減免することができる。

(1) 生活が困窮しているため利用料を納めることが困難であると認められるとき。

(2) 災害等のため利用料を納めることが困難であると認められるとき。

(3) 町長が特に必要と認めるとき。

(損害賠償)

第12条 施設を利用する者又は来訪者は、その使用により建物又は付属施設若しくは備え付け備品などを毀損し、又は滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。ただし、町長が特別の理由があると認めたときは、その全部又は一部を免除することができる。

(指定管理者に対する調査等)

第13条 町長は、管理運営に係る業務又は経理の状況に関し指定管理者に報告を求め、実地について調査し、又は必要な指示をすることができる。

(委任)

第14条 この条例の施行に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成15年条例第18号)

この条例は、平成15年7月1日から施行する。

附 則(平成16年条例第17号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成20年条例第6号)

この条例は、平成20年4月1日から施行する。

清里町介護老人保健施設の設置及び管理条例

平成11年12月22日 条例第19号

(平成20年4月1日施行)