○清里町営リフトの設置及び管理に関する条例

昭和62年12月24日

条例第15号

(目的)

第1条 この条例は、清里町営リフト(以下「リフト」という。)の設置及び管理に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(名称及び位置)

第2条 リフトの名称及び位置は、別表第1のとおりとする。

(管理)

第3条 リフトは、この条例の定めるところにより町長が管理する。ただし、リフト運行管理については、教育委員会に委任することができる。

(運行期間及び時間)

第4条 リフトの運行期間及び時間は、別に定める。

(使用の手続)

第5条 リフトを使用する者(以下「使用者」という。)は、この条例の定めによらなければならない。

(使用料)

第6条 リフトの使用料は、別表第2に定める額とする。ただし、次の各号の一に該当するときは、使用料を減免することができる。

(1) 清里町内の小学校、中学校及び高等学校で教科として使用するとき。

(2) 教育委員会が主催又は共催して行うスポーツ教室、並びにスポーツ大会で使用するとき。

(3) その他、特別な理由があると認められるとき。

2 使用料の納付は、リフト券購入の方法による。

3 リフト券の様式は、別に定める。

4 リフト券は、所定の券売場において発売する。ただし、必要があると認めたときは、臨時に設けることができる。

(使用料の還付)

第7条 次の各号の一に該当するときは、使用料の全部又は一部を還付することができる。

(1) 使用者の責任でない理由により、使用することができないとき。

(2) 第8条により使用を取り消したとき。

(3) 第9条によりリフトの運転を休止したとき。

(4) その他、事前に取り消し又は変更の申し出があつて、相当の理由があると認めたとき。

(使用制限)

第8条 使用者が次の各号の一に該当するときは、リフトの使用をさせないことができる。

(1) 6歳未満の小人で保護者がいない者

(2) 飲酒めいていしている者

(3) 危険物を携帯している者

(4) リフト運転者の指示に従わない者

(5) その他、業務上支障があると認められるとき。

(運転の一時休止)

第9条 気象条件その他の理由によりリフトの運転が不適当と認められる場合は、運転を一時休止することができる。

(規則への委任)

第10条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成9年条例第20号)

この条例は、平成9年12月1日から施行する。

別表第1

リフトの名称及び位置

名称

位置

清里町緑リフト

清里町緑町51番地の1

清里町緑町56番地

清里町緑町60番地

清里町緑町62番地

国有地清里事業区3林班二小班

別表第2

リフト使用料

区分

対象

料金

備考

1回券

大人

130円

 

小人

70円

 

回数券

大人

1,300円

13枚1組

小人

700円

13枚1組

1日券

大人

2,000円

 

小人

1,000円

 

冬季シーズン券

大人

16,000円

 

小人

8,000円

 

注:小人は中学生以下とする。

清里町営リフトの設置及び管理に関する条例

昭和62年12月24日 条例第15号

(平成9年3月21日施行)