○清里町生涯学習活動車運行規程

平成8年3月28日

教委規程第3号

(目的)

第1条 この規程は、明るく豊かな町を築く学習活動の機会提供のため清里町生涯学習活動車(以下「活動車」という。)の運行について必要な事項を定めることを目的とする。

(運行の範囲)

第2条 活動車は、次に掲げる事業に運行することができるものとする。

(1) 社会教育事業

(2) 町、各行政委員会等が行う社会教育事業以外の事業

(3) 社会教育関係団体の全町的連合体が、その目的を達成するために行う研修等の事業

(4) 社会教育関係の単位団体、教育委員会が活動を援助している団体、自治会、並びに福祉団体等が行う研修等の事業

(5) 上記以外の事業で、教育長が認めた事業

(利用申請及び許可)

第3条 活動車を利用する者(以下「利用者」という。)は、別記第1号様式による申請書を提出し、教育長の許可を受けなければならない。

2 教育長は、申請に基づき内容審査の結果適当と認めたときは、別記第2号様式により許可書を交付するものとする。

3 利用申込期間は別表に定める。

(利用申込基準)

第4条 利用申込を行うときは、次の各号によらなければならない。但し、第1号第2号第3号第4号について、教育長が特に必要と認めた場合に限り、基準を超えて利用させることができるものとする。

(1) 乗車人員は、1台につき15名以上であること。

(2) 1団体が利用できる走行距離は、年間300km以内とする。

(3) 利用時間は、概ね午前7時~午後6時までとする。

(4) 連続して利用できる限度は、2日間までとする。

(5) 引率責任者、安全管理、保健対策が明確であること。

(6) 営利を目的とした事業、特定政党の利害に関する事業、特定の宗教活動を目的とした事業でないこと。

(7) 主たる目的が第1条に基づくものであること。

(利用許可の変更)

第5条 第3条による運行の許可後、申請内容に変更が生じたときは、すみやかに教育委員会へ連絡しなければならない。

2 運行途中の利用計画の変更は、原則として認めない。但し、病気、災害等の止むをえない事情が生じた時は、この限りではない。

(利用許可の取り消し)

第6条 教育長は、第3条による運行の許可後、緊急止むをえない事由が発生した場合、または運行申請に虚偽があつた場合は、許可を取り消すことができる。

(賠償の責務)

第7条 利用者の責において車両及び付属する物品等を破損、汚損又は滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。

附 則

この規程は、平成8年4月1日から施行する。

附 則(平成9年教委規程第1号)

この規程は、平成9年5月1日から施行する。

別表(第3条第3項)

規程第2条の号

運行の範囲

利用申込期間

開始

終了

(1)

社会教育事業

随時

15日前まで

(2)

町、各行政委員会等が行う社会教育事業以外の事業

3ケ月前の1日から

(3)

社会教育関係団体の全町的連合体が、その目的を達成するために行う研修等の事業

2ケ月前の1日から

(4)

社会教育関係の単位団体、教育委員会が活動を援助している団体、自治会並びに福祉団体等が行う研修等の事業

2ケ月前の16日から

(5)

上記以外の事業で、教育長が認めた事業

 

清里町生涯学習活動車運行規程

平成8年3月28日 教育委員会規程第3号

(平成9年5月1日施行)

体系情報
第7編 教  育/第1章 教育委員会
沿革情報
平成8年3月28日 教育委員会規程第3号
平成9年5月1日 教育委員会規程第1号