○町職員の特殊勤務手当の支給に関する規則

昭和49年3月30日

規則第16号

(目的)

第1条 この規則は、町職員の給与に関する条例(昭和40年条例第24号)第10条第1項の規定に基づき、職員の特殊勤務手当の支給に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(特殊勤務手当の種類)

第2条 特殊勤務手当の種類及び手当の額は、別表のとおりとし、同表に掲げる職務に従事する職員に対し支給する。

(支給の調整)

第3条 職員が従事した業務につき同時に2以上の特殊勤務手当の支給を受けることとなる場合又は特殊勤務手当の支給の単位とされている日時の間において2以上の特殊勤務手当の支給を受けるべき業務に従事した場合においては、そのいずれか一つの特殊勤務手当のみを支給する。

(支給期日)

第4条 手当は翌月の給料支給日に支給する。

(支給実績簿)

第5条 所属の長は、特殊勤務手当の支給を受ける職員があるときは、特殊勤務手当の種類、職務の内容、職務に従事した日時等支給上必要な事項並びにその支給額を特殊勤務手当支給実績簿(別記様式)に記載しておかなければならない。

(補則)

第6条 この規則に定めるものの外、この手当の支給については町職員の給与に関する条例の例による。

附 則

1 この規則は、公布の日から施行し、昭和49年4月1日から適用する。

附 則(昭和59年規則第1号)

この規則は、昭和59年4月1日から施行する。

附 則(昭和61年規則第3号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和60年7月1日から適用する。

附 則(平成元年規則第4号)

この規則は、平成元年4月1日から施行する。

附 則(平成13年規則第10号)

この規則は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成18年規則第3号)

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

別表

特殊勤務手当

手当の種類

勤務の内容

支給額

区分

単位

金額

伝染病作業手当

伝染病患者、若しくは疑いのある患者の救護及び伝染病菌の附着した物件、若しくは附着の危険のある物件の処理作業に従事したとき(家畜の場合も同様)

 

1日

500

福祉業務手当

行旅死亡人及び行旅傷病人の取扱に従事したとき及び精神病患者等の移送業務に従事したとき

死亡、傷病

1日

1,500

精神病等

1日

1,000

町職員の特殊勤務手当の支給に関する規則

昭和49年3月30日 規則第16号

(平成18年4月1日施行)

体系情報
第5編 給  与/第2章 給料・手当
沿革情報
昭和49年3月30日 規則第16号
昭和59年3月22日 規則第1号
昭和61年7月19日 規則第3号
平成元年3月20日 規則第4号
平成13年3月26日 規則第10号
平成18年3月29日 規則第3号