○清里町監査委員事務執行規程

平成14年3月12日

監委規程第1号

(目的)

第1条 この規程は、清里町監査委員条例(平成14年条例第1号)第4条に基づき、監査委員の事務の効率的な執行を確保することを目的とする。

(監査委員の協議)

第2条 監査委員の監査、検査及び審査(以下「監査等」という。)について重要な事項は、監査委員が協議して執行する。

2 監査委員が協議すべき重要事項は、次のとおりとする。

(1) 監査等の計画に関すること。

(2) 監査等の実施に関すること。

(3) 監査等の結果について意見の決定、報告及び公表に関すること。

(4) 規程等の制定、改廃に関すること。

(5) 監査補助職員に関すること。

(6) その他重要と認めること。

(定例監査)

第3条 地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第199条第4項の規定による監査の期日は、毎年10月にこれを行う。ただし、特にやむを得ない事情があるときは、これを変更することができる。

(出納検査)

第4条 法第235条の2第1項の規定による例月出納検査の期日は7日とする。ただし、休日その他やむを得ない事由があるときは、これを変更することができる。

(決算審査)

第5条 監査委員は、法第233条第2項の規定により決算及び書類が審査に付されたときは、30日以内に審査についての意見を町長に提出しなければならない。ただし、やむを得ない事情があるときは、この限りでない。

(健全化判断比率の審査)

第6条 地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項の規定により、健全化判断比率の書類が審査に付されたときは、30日以内に審査についての意見を町長に提出しなければならない。ただし、やむを得ない事情があるときは、この限りでない。

(その他監査)

第7条 法第199条第2項、同条第5項及び同条第7項に定められた監査については、その必要に応じ実施し、法第75条第1項、法第98条第2項、法第199条第6項、法第242条第1項等による請求、要求による監査については、それぞれの内容により実施する。

(監査等の通知)

第8条 監査等を行うときは期日を指定し、あらかじめ監査等の対象となる機関に通知するものとする。ただし、緊急に監査等を行う必要があると認められるときは、この限りでない。

(事務補助職員)

第9条 監査委員の事務を補助する職員は、法第180条の3の規定により町長との協議によりその指定する職員をもつて充てるものとする。

(事務及び処理)

第10条 監査委員の事務に従事することを命じられた職員は、監査委員の命を受け次の事務に従事する。

(1) 公印の管守に関すること。

(2) 規程等の制定及び改廃に関すること。

(3) 予算及び決算の経理並びに物品の管理に関すること。

(4) 文書の収受、発送及び整理保存に関すること。

(5) 監査等の計画実施及び結果の報告に関すること。

(6) その他監査委員に関すること。

(公印)

第11条 監査委員の公印を次のとおり定める。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成20年監委規程第1号)

この規程は、公布の日から施行する。

清里町監査委員事務執行規程

平成14年3月12日 監査委員規程第1号

(平成20年8月7日施行)