○清里町交通安全、防犯、青少年育成推進委員会設置要綱

平成13年4月2日

要綱第10号

(目的)

第1条 この要綱は、清里町交通安全、防犯、青少年育成基本条例(平成12年清里町条例第48号。以下「条例」という。)第10条の規定により、清里町交通安全、防犯、青少年育成推進委員会(以下、「推進委員会」という。)を設置し、その必要な事項について定めることを目的とする。

(組織)

第2条 推進委員会は、本部推進委員会と地区推進委員会をもつて組織する。

2 本部推進委員会は、交通安全、防犯、青少年育成に関係する機関・団体の代表者をもつて構成する。

3 地区推進委員会は、各自治会毎に設置する。

(事業)

第3条 推進委員会は、条例第10条第2項に定める全町的な運動を推進するため、交通事故や犯罪がない地域社会の実現と青少年の健全育成のため次の事業を行う。

(1) 本部推進委員会

 行政機関及び関係団体との総合的な連絡調整

 全町的な運動の企画立案

 広報、情報提供、教育活動及び環境整備の推進

 民間団体、指導者の育成

 その他、推進委員会の目的達成に必要な事項

(2) 地区推進委員会

 本部推進委員会が企画した事項の実践活動

 その他、地区の実践活動に必要な事項

(役員)

第4条 推進委員会に次の役員をおく。

(1) 本部推進委員会

本部長 1名、副本部長 6名、常任委員 若干名

(2) 地区推進委員会

地区推進委員長 1名、地区推進委員 若干名

(役員の任命等)

第5条 役員の任命等は、次の方法による。

(1) 本部長は、町長をもつてあてる。

(2) 副本部長は、本部長が常任委員の中から任命する。

(3) 常任委員は、本部長が関係機関・団体の代表者の中から任命する。

(4) 地区推進委員長及び地区推進委員は、各自治会において選出し本部長が任命する。

(役員の任期)

第6条 役員の任期は2年とし、再任を妨げない。

2 補欠役員の任期は、前任者の残任期間とする。

(役員の任務)

第7条 各役員の任務は、次のとおりとする。

(1) 本部長は推進委員会を代表し、会務を総括する。

(2) 副本部長は本部長を補佐し、本部長事故あるときは職務を代行する。

(3) 常任委員は会務を分掌し、執行する。

(4) 地区推進委員長は、総会及び常任委員会において決定された事項について、各自治会の実践活動の総括にあたる。

(5) 地区推進委員は、地区推進委員長の指示により各自治会の実践活動にあたる。

(事務局)

第8条 推進委員会の事務局を、町民課におく。

(会議)

第9条 推進委員会の会議は総会及び常任委員会とする。

2 会議は本部長が必要に応じ招集し、議長は本部長があたる。

3 総会は本部役員及び地区推進委員長をもつて構成し、事業計画並びに重要事項について審議する。

4 常任委員会は本部役員をもつて構成し、事業計画の実践事項並びに総会の委任事項について審議する。

(専門委員会)

第10条 推進委員会に次の専門委員会を設置する。

(1) 交通安全、防犯活動専門委員会

(2) 青少年健全育成専門委員会

2 専門委員会は常任委員をもつて構成し、本部長の指示により特命事項の審議、調査・研究にあたる。

(青少年育成指導員)

第11条 青少年の地域活動の指導、支援と健全育成活動を推進するため、青少年育成指導員をおく。

(経費)

第12条 推進委員会の活動に必要な経費は、予算の範囲内で定める。

(その他)

第13条 この要綱の他に必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成20年要綱第7号)

この要綱は、平成20年4月1日から施行する。

清里町交通安全、防犯、青少年育成推進委員会設置要綱

平成13年4月2日 要綱第10号

(平成20年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 町  長/第7節 交通安全対策等
沿革情報
平成13年4月2日 要綱第10号
平成20年3月27日 要綱第7号