トップ > お知らせ > 2019年 > 高齢者等の暖房費等支援事業について

高齢者等の暖房費等支援事業について

昨年11月より実施しています、高齢者等の暖房費等支援事業は3月31日で終了します。すでに対象となる方への給付を行っていますが、手続きをまだされていない方は今一度、給付要件をお確かめの上、手続きされることをご案内致します。冬季の高齢者など低所得者の暖房費等の支援として1世帯に現金10,000円を口座振込するものです。(給付は1回です。)

給付対象となる方

給付対象となる方は次の(1)世帯構成と(2)収入要件をどちらも満たす方です。

(1) 平成30年11月15日から平成31年3月31日までの期間に清里町に住所があり、生活されている方。(病院への入院、施設等に入所されている方、生活保護受給世帯は除きます。)そのうえで次の要件の1ついずれかにあたる世帯

  • 平成30年11月15日現在で満65歳以上の単身世帯
  • 平成30年11月15日現在で世帯全員が満65歳以上の世帯
  • 身体障がい者手帳1級または2級を保持している方がいる世帯(年齢制限なし)
  • 療育手帳を保持している方がいる世帯(年齢制限なし)
  • 精神障がい者保健福祉手帳1級または2級を保持している方がいる世帯(年齢制限なし)
  • 満18歳以下の児童を扶養しているひとり親家庭世帯
  • 満18歳以下の児童を扶養している平成30年11月15日現在で満65歳以上の世帯

(2)対象世帯の収入要件。昨年(平成29年)の収入のうち所得税の算入となる収入において次の要件にあたる世帯

  • 1人世帯 100万円以下
  • 2人世帯 200万円以下 
  • 3人世帯以降は世帯員1人につき100万円を加算した額以下

※障がい年金や遺族年金など、所得税公課から除かれている収入について算定から除かれます。申請期限は31年3月31日までです。

申請時にお持ちいただくもの  

  • 印鑑
  • 振り込む金融機関口座を確認できるもの(預金通帳など)

※平成30年1月1日以降に清里町へ転居してお住まいの方が申請する場合には次のものも必要となります。

申請する世帯全員分の収入のわかる書類

  • 年金証書、平成29年分年金振込通知書、平成29年分年金源泉徴収票、年金などの収入がわかる、平成29年分の記帳がある預金通帳など
  • 年金以外に収入がある方は平成29年分の確定申告書の控えや源泉徴収票などの確認できるもの
  • 障がいなどの要件で申請する方は各手帳をお持ちください。

 ※書類等が不明な場合は申請時の審査同意により収入についてはお調べすることもできますのでお問い合わせください。

給付について

要件審査の結果、該当1世帯につき、「現金10,000円分」を申請時に記入いただいた金融機関口座に振り込みます。(給付は1回です)

お問い合わせ先

清里町役場保健福祉課福祉介護グループ
〒099-4405 北海道斜里郡清里町羽衣町35番地
電話:0152-25-3847 FAX:0152-25-2137

お知らせ

ページの先頭へ