トップ > お知らせ > 2015年 > 口蹄疫の侵入防止にご協力ください

口蹄疫の侵入防止にご協力ください

現在、諸外国において、口蹄疫という家畜の伝染病が発生しています。口蹄疫ウイルスは、非常に伝染力が強いことから、家畜の健康を守るため、次のことについてご理解とご協力をお願いします。

◎道民の皆様・来道された皆さまへ

  ●口蹄疫発生国から農畜産物を持ち込まない

  ●畜産農場・施設などへは、必要がない限り立ち入らない

  ●立ち入る場合は、手洗い・靴底消毒や衣服の交換など、農場で行われていることに協力

◎畜産農家の皆さまへ

  ●農場への部外者の立ち入りを制限

  ●畜舎出入り口には、踏み込み消毒槽を設置

  ●発生国の畜産関係施設への立ち入りを自粛

  ●道内産の牧草や稲わらを給与(牛、羊、山羊)

  ●リサイクル飼料は、十分に加熱して給与(豚)

  ●家畜導入時は、隔離飼養して異常の有無を確認

  ●異常発見時は、獣医師、家畜保健衛生所に届出

口蹄疫は偶蹄類(牛、豚、羊など)の病気であり、人には感染しません。

お問い合わせ先

お知らせ

ページの先頭へ