トップ > お知らせ > 2015年 > 電気柵を設置する際の安全確保について

電気柵を設置する際の安全確保について

平成27年7月に静岡県において、鳥獣被害防止用に設置された電気柵による感電死事故が発生しました。電気柵とは、畑や放牧地などで、電気刺激により野生動物の侵入や家畜の脱走を防止するために設置される柵のことです。電気柵を設置される場合には、電気事業法により、人への危険防止のために適切な措置を講じる必要があります。つきましては、以下の点に留意し、適切な対応をお願いします。

  • 周囲の人がわかるよう、看板設置等による危険表示を行うこと
  • 漏電遮断機を設置すること
  • 専用の電源・スイッチを設置すること

また、電気柵を見かけた場合は、むやみに近づいたり、触れたりしないよう十分ご注意ください。

お問い合わせ先

お知らせ

ページの先頭へ