トップ > くらしの情報 > 暮らし・環境・税 > 交通安全 > 平成30年度 夏の交通安全運動

平成30年度 夏の交通安全運動

ストップ・ザ・交通事故 ~ めざせ 安全で安心な北海道 ~

 この季節は、観光や夏型レジャーなどの戸外活動の活発化に伴い、交通量が一段と増加することに加え、暑さからくる疲労や気の緩みなどによる、この季節特有の交通事故の発生が懸念されます。このため、この運動は地域や職場において運動を展開し、町民一人ひとりの交通安全意識を一層深めるとともに、正しい交通ルールとマナーの実践を呼びかけ、交通事故防止の徹底を図ることを目的とします。

実施期間

 平成30年7月11日(水曜日)~7月20日(金曜日)

 ※平成30年7月13日(金曜日)は、「飲酒運転根絶の日」です。

運動の重点

 〇スピードダウンと居眠り運転による交通事故防止

 〇すべての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

 〇子どもと高齢者の交通事故防止

 〇飲酒運転の根絶

夏の交通安全運動チラシ

 夏の交通安全運動チラシPDFファイル(317KB)

飲酒運転はやめましょう

飲酒運転は、重大事故に直結する犯罪行為です。
その危険性、反社会性を一人ひとりが認識をすることで「飲酒運転は絶対に許さない」社会を実現し、飲酒運転を根絶しましょう。

飲酒運転に対する厳罰

運転者に対する罰則
状態 罰則 違反点
酒酔い運転 5年以下の懲役または100万円以下の罰金 35点
免許取り消し
酒気帯び運転 0.25mg以上 3年以下の懲役または50万円以下の罰金 25点
免許取り消し
0.15以上0.25mg未満 13点
免許停止
車両提供者や同乗者に対する罰則
状態 罰則
車両提供者 酒酔い運転 5年以下の懲役または100万円以下の罰金
酒気帯び運転 3年以下の懲役または50万円以下の罰金
酒類提供者
車両同乗者
酒酔い運転 3年以下の懲役または50万円以下の罰金
酒気帯び運転 2年以下の懲役または30万円以下の罰金

※酒酔い運転 ~アルコールの量に関係なく、酒に酔った状態で正常な運転ができないおそれがある時

※酒気帯び運転~血中アルコール濃度が、1ミリリットル中0.3ミリグラム、又は呼気1リットル中0.15mg以上のアルコール量が検出された場合

お問い合わせ先

清里町役場企画政策課まちづくりグループ
〒099-4492 北海道斜里郡清里町羽衣町13番地
電話:0152-25-2135 FAX:0152-25-3571

更新情報

ページの先頭へ