トップ > くらしの情報 > 暮らし・環境・税 > 国民年金 > 国民年金保険料の免除制度

国民年金保険料の免除制度

保険料の免除制度

国民年金第1号の被保険者は、毎月の保険料を納めていただく必要があります。しかしながら、所得が少ないなど、保険料を納めることが難しい場合もあります。保険料を未納のままにしておくと、将来年金を受けられない場合があります。
そのような場合は、免除の手続きをしておきますと、年金を受ける権利が保障されますので、『国民年金保険料免除・納付猶予制度』等の手続きを行ってください。
 

国民年金免除制度の種類

法定免除

生活保護法による生活扶助を受けている方、障害基礎年金(1・2級)を受給されている方が対象になります。

申請免除

所得が少なく本人・世帯主・配偶者の前年所得(1月から6月までに申請される場合は前々年所得)が一定額以下の場合や失業した場合など、国民年金保険料を納めることが経済的に困難な場合は、ご本人から申請書を提出いただき、申請後に承認されると保険料の納付が免除になります。

学生納付特例

本人の所得が一定以下の学生は、申請により在学中の保険料の納付が猶予されます。なお、家族の方の所得の額は問いません。

納付猶予

20歳から50歳未満の方で、本人・配偶者の前年所得(1月から6月までに申請される場合は前々年所得)が一定額以下の場合には、ご本人から申請書を提出いただき、申請後に承認されると保険料の納付が猶予されます。

制度の概要

老齢基礎年金は、保険料を40年間納めた場合の満額が779,300円ですが、免除や納付特例を受けた期間は減額されます。

種類 免除後の月額保険料 老齢基礎年金額
への反映割合
( )は平成21年3月分まで
前年所得の審査対象者
法定免除 0円 1 / 2(1 / 3) 所得審査なし
全額免除 0円 1 / 2(1 / 3)  本人(失業の場合は除く)
 +
世帯主
 +
配偶者
3 / 4免除(1 / 4納付) 4,120円 5 / 8(1 / 2)
半額免除(半額納付) 8,250円 3 / 4(2 / 3)
1 / 4免除(3 / 4納付) 12,370円 7 / 8(5 / 6)
納付猶予(50歳未満) 0円 反映されません 本人+配偶者
学生納付特例 0円 本人のみ

免除期間は将来納付できるようになった場合、10年前までさかのぼって追納することができます。ただし、免除された当時の保険料額に一定の加算がされます。

申請方法

申請先~住所地の市区町村

添付書類~所得を証明できる書類・印鑑・学生の場合は在学証明書か学生証等

免除猶予期間~7月から翌年6月まで(学生納付特例は4月から翌年3月まで)

お問い合わせ先

清里町役場町民課町民生活グループ
〒099-4492 北海道斜里郡清里町羽衣町13番地
電話:0152-25-2157 FAX:0152-25-3571

更新情報

ページの先頭へ