トップ > くらしの情報 > 保健・福祉・介護 > 乳幼児 > 清里町不妊治療助成事業

清里町不妊治療助成事業

助成の対象となる方

  特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)や人工授精(保険適用外に限る)の治療を受けているご夫婦で、以下のいずれにも該当する方
  ①法律上の婚姻をしていること
  ②ご夫婦ともに清里町に住所を有していること
  ③夫婦とも町税及び使用料等の滞納がないこと
  ④特定不妊治療に関しては、北海道知事が指定する医療機関で治療を受けた者
  ⑤43歳未満であること

助成内容

 

夫婦の前年の所得(合計額) 730万円未満 730万円以上
特定不妊治療
(体外受精・顕微授精)
≪パターン1≫
採卵を伴う治療:1回につき15万円を上限とします。
採卵を伴わない治療:1回につき7万5千円を上限とします。
ただし『北海道特定不妊治療費助成事業』で助成された額を差し引いた費用が助成額の上限に満たない場合は、その金額を助成します。
≪パターン2≫
採卵を伴う治療:1回につき7万5千円を上限とします。
採卵を伴わない治療:1回につき3万7千円を上限とします。
助成回数等 助成は年度内2回とします。
ただし1回の治療には、採卵準備のための投薬開始から体外受精または顕微授精1回に至る治療の全てを対象とします。
一般不妊治療
(人工授精)
≪パターン3≫
1回の助成限度額を2万円とします。
対象外
助成回数 等 年度内6回、計12万円を上限とします。

申請方法

 治療終了後、清里町保健センター保健グループで申請手続きを行ってください。
 ①申請は原則、不妊治療が終了する日の属する年度内に行ってください。
 ②特別な事情により年度内に申請できない場合は、翌年度5月末日までに申請を行ってください。
 

 必要書類

 ≪パターン1の場合≫
 
 ①清里町不妊治療助成事業申請書(窓口にあります)
  ②不妊治療にかかる費用の領収書の写し
  ③北海道特定不妊治療費助成事業の交付決定書の写し
  ④北海道特定不妊治療費助成事業受診等証明書の写し
  注意事項  同一年度内で2回目の申請をする場合、③④の書類は省略できます。


 ≪パターン2の場合≫
  
①清里町不妊治療助成事業申請書(窓口にあります)
  ②不妊治療にかかる費用の領収書の写し
  ⑤清里町特定不妊治療助成事業受診等証明書(窓口にあります)

 ≪パターン3の場合≫
  ①清里町不妊治療助成事業申請書(窓口にあります)
  ②不妊治療にかかる費用の領収書の写し

 その他の必要物品
  ・印鑑 ・通帳(振込先を確認できる物)

 注意事項
  ・上記書類のうち①申請書、⑤受診等証明書 は事前にお渡しすることができます。ご希望の方は保健グループまでご連絡下さい。

お問い合わせ先

更新情報

ページの先頭へ