トップ > くらしの情報 > 保健・福祉・介護 > 介護保険 > 介護保険制度と清里町の介護保険料

介護保険制度と清里町の介護保険料

介護保険制度

介護保険は、40歳以上のすべての国民が保険料を負担し、介護を必要とする状態になってもサービスを受けながら、それぞれの人にふさわしい自立した生活を送るための制度です。

40歳以上65歳未満の方を「第2号被保険者」。65歳以上を「第1号被保険者」として、保険料やサービス利用の仕組みに若干の違いがあります。

 

介護保険料

第1号被保険者

◆特別徴収

年金支給額が月額15,000円以上の方は、保険料が年金から天引きされます。ただし、65歳に到達時などの当面の間は普通徴収の場合があります。

(大きく分けて4月・6月・8月分の年金から引き落としになる分を「仮徴収」、10月・12月・2月を「本徴収」と表現することがあります。)

◆普通徴収

年金支給額が月額15,000円未満の方は、町から届く納付書により納めていただきます。口座振替の手続きもざいますので、ご利用されている金融機関にご相談ください。

第2号被保険者

◆加入されている医療保険の保険料から負担いただいています。あらためて納付いただく必要はありません。

所得段階 対 象 者 算出方法 年間保険料
(月額平均)
第1段階 〇老齢福祉年金受給者で世帯全員が非課税の方
〇生活保護受給者
〇世帯全員が町民税非課税で、課税年金収入額と合計所得金額の合計が80万円以下の方
基準額
×0.45
26,730円
(2,228円)
第2段階 〇世帯全員が町民税非課税で、公的年金収入額と合計所得金額の合計額が80万円を超え120万円以下の方 基準額
×0.75
44,550円
(3,713円)
第3段階 〇世帯全員が町民税非課税で、公的年金収入額と合計所得金額の合計額が120万円超の方 基準額
×0.75
44,550円
(3,713円)
第4段階 〇町民税世帯課税、本人非課税で、公的年金収入額と合計所得金額の合計額が80万円以下の方 基準額
×0.9
53,460円
(4,455円)
第5段階 〇町民税世帯課税、本人非課税の方 基準額 59,400円
(4,950円)
第6段階 〇町民税課税で所得金額120万円未満の方 基準額
×1.2
71,280円
(5,940円)
第7段階 〇町民税課税で所得金額120万円以上、190万円未満の方 基準額
×1.3
77,220円
(6,435円)
第8段階 〇町民税課税で所得金額190万円以上、290万円未満の方 基準額
×1.5
89,100円
(7,425円)
第9段階 〇町民税課税で所得金額290万円以上、400万円未満の方 基準額
×1.7
100,980円
(8,415円)
第10段階 〇町民税課税で所得金額400万円以上の方 基準額
×1.9
112,860円
(9,405円)

※賦課基準日は毎年4月1日です。世帯と本人の所得状況によって段階的に設定されます。

※保険料は3年ごとに見直しされ、記載の保険料は平成27年4月1日からの適用です。

 

介護保険被保険者証

65歳に到達(第1号被保険者の資格取得)した月末までに郵送(水色の保険証)しています。

第2号被保険者の方はサービス利用者のみ被保険者証を交付しています。

現在、介護保険被保険者証の有効期限はありません。有効期限が記載されている古い保険証をお持ちの方は、返却ください。

お問い合わせ先

清里町役場保健福祉課福祉介護グループ
〒099-4405 北海道斜里郡清里町羽衣町35番地
電話:0152-25-3847 FAX:0152-25-2137

更新情報

ページの先頭へ