トップ > かわら版 > 2016年 > 2月のトピックス

2月のトピックス

第2回グリーンツーリズムモニターツアー(2016年2月29日)

モニターツアー モニターツアー写真 モニターツアー講演会写真

2月25日~29日の5日間、明治大学農学部の学生7名が観光協会主催のグリーンツーリズムモニターツアーに参加し、酪農体験やうどん作り体験のほかスノーモービルなど雪のある北海道ならではの体験を楽しみました。また、27日には、明治大学農学部竹本教授のグリーン・ツーリズムについての講演会が行われました。

緑町小1日体験入学(2016年2月19日)

緑町小体験入学授業風景 緑町小学校1日体験入学授業風景

2月19日、緑町小学校で1日体験入学が行われ、4月から新1年生となる親子1組が参加しました。体験入学では、本の読み聞かせなどの他に1,2年生の授業に参加し、手作りのたこを制作しました。慣れない作業に苦労しながらも、上級生や先生にサポートしてもらいながら、最後までたこ作りを頑張りました。

優秀農業青年クラブ表彰で最優秀賞を受賞(2016年2月15日)

プライズクラブクラブ最優秀賞受賞報告

2月15日、清里町プライズクラブが来庁し、1月28日・29日札幌市で開催された北海道青年農業者会議での結果を町長に報告しました。プロジェクト発表の結果は優秀賞でした。また、清里町プライズクラブが農業技術などの研究活動に長年取り組んできたことが評価され、「平成27年度優秀農業青年クラブ表彰」の最優秀賞を受賞しました。清里町プライズクラブ代表の森田さんは、「今までの先輩たちの努力の積み重ねで受賞できた。今後も研究活動を頑張っていきたい」と意気込みを語っていました。

神の子池かんじきウォーキング(2016年2月14日)

神の子池かんじきウォーキング 神の子池かんじきウォーキング(神の子池)

2月14日、「神の子池かんじきウォーキング」が行われました。
当日は40名の方が参加しました。参加者はかんじきを装着し、景色と会話を楽しみながら神の子池を目指して林道や川沿いの道を歩きました。およそ2キロメートルの道のりを歩いて神の子池に到着すると、その冬の姿に参加者は見入っていました。

第38回まちづくり住民大会(2016年2月13日)

住民大会写真協力隊発表風景 住民大会写真パネルディスカッション 住民大会花壇表彰

2月13日、プラネットで第38回まちづくり住民大会が行われ、約130人の町民が参加しました。今回の住民大会では、地域おこし協力隊の活動報告のほか、プラネット講座なるほどきよさとの講師でもあるNPO法人霧多布湿原ナショナルトラスト霧多布湿原センター館長阪野真人さんを講師として招き、講演およびパネルディスカッションが行われました。また、最後に平成27年度花壇ガーデンコンテスト表彰式も行われ、受賞自治会はもちろん花壇ガーデンコンテストに参加した自治会の花壇が紹介されました。

北のみらいのクルマの絵コンテストで最優秀賞(2016年2月12日)

山岸くん絵受賞写真

1月22日~24日に開催された札幌モーターショー2016に関連する『北のみらいのクルマの絵コンテスト』の小学校4年生~6年生の部で緑町小4年山岸秀夏さんが最優秀賞(北海道知事賞)を受賞しました。このコンテストは、雄大な自然を有する「北海道にふさわしい未来のクルマ」がテーマで、山岸さんは、『雪や太陽の力をつかって北海道をクリーンにまわる』と題して作品を制作。また、「交通事故から野生動物などを守りたいという思いから、車体を柔らかい素材にするなど工夫した」と語りました。

清里小1日体験入学(2016年2月12日)

清小体験入学授業風景 1日体験入学ランドセル受渡写真

2月12日、清里小学校で1日体験入学が行われ、新1年生の親子29組が集まり、入学にあたっての説明などを受けました。新1年生たちは、1学年上の先輩たちにサポートしてもらいながら絵を描いたり、合唱をしました。また、体験入学の最後には、校長先生から新1年生一人ひとりにランドセルが手渡され、子どもたちはランドセルを抱えて目を輝かせていました。

清里町民スキー大会(2016年2月7日)

スキー大会 スキー大会2 スキー大会写真3

2月7日、緑スキー場で町民スキー大会が行われ、小学生から大人まで44名が参加しました。当日は快晴で絶好のスキー日和になり、選手たちはスキーを自在に操りながら、日頃の練習の成果を発揮していました。また、スキー大会にはきよっぴも駆けつけ、選手たちを応援していました。

なるほどきよさと第3回(2016年2月6日)

なるほどきよさと第3回

2月6日、プラネット講座「なるほどきよさと」が開催されました。
話し合いのテーマは、「あったらいいな、こんな○○」。各グループで、提示されたテーマをもとに、まちづくりのプランを立てました。そこでは、子どもを対象とした遊びや自然体験のプランが提示されるなど、多くのまちづくりのアイデアが出てきました。また、最後に参加者の方々で感想を述べ合いました。なお、講師である阪野真人氏は2月13日に行われるまちづくり住民大会でも講師としてお招きし、本講座の学習内容を住民にお伝えいたします。

雪のフェスティバル(2016年2月6日)

雪のフェス 雪のフェスティバル

2月6日、道の駅パパスランドさっつるで第3回雪のフェスティバルが開催されました。催しでは、スノーモービル体験や雪のすべり台などが子どもたちにたいへん好評で、順番待ちの列をつくるほどでした。また、食のフェスティバルも行われ、来場者はうどんや焼いもなど清里の食を楽しみました。

居城勝四郎さんが北海道産業貢献賞を受賞(2016年2月3日)

北海道産業貢献賞

2月3日、北海道の農業振興に寄与された方に贈られる「北海道産業貢献賞(農業関係功労者)」を、清里町農協の前組合長である居城勝四郎さんが受賞されました。居城さんは、平成11年から農協理事、専務、組合長を歴任し、組合員の経営安定や農協の健全な運営、小麦の効率的かつ安定的な生産体制の構築などに尽力され、地域農業の振興に多大なる貢献をされました。

お問い合わせ先

清里町役場企画政策課まちづくりグループ
〒099-4492 北海道斜里郡清里町羽衣町13番地
電話:0152-25-2135 FAX:0152-25-3571

ページの先頭へ