トップ > かわら版 > 2018年 > 2月のトピックス

2月のトピックス

第40回まちづくり住民大会(2018年2月24日)

住民大会

 2月24日、第40回まちづくり住民大会が開催され、約170人の町民が参加しました。今年度で最後となる本大会では、広報きよさと企画Under30で紹介された若者4名と町長が清里町に必要なものは何かについて意見交換を行いました。
 その他に、地域おこし協力隊の活動報告や平成29年度花壇ガーデンコンテスト表彰式も行われました。

自治会対抗ミニバレーボール大会(2018年2月18日)

ミニバレー

 2月18日、自治会対抗ミニバレーボール大会が開催され、138名が参加しました。今年は、男子の部16チーム、女子の部10チームの参加があり、楽しく熱い試合が繰り広げられました。優勝は、男子の部が羽衣第1C、女子の部はTeamウサハナ(向陽北・下江鳶)でした。

町民スキー大会(2018年2月11日)

スキー1 スキー2

 2月11日、緑スキー場で町民スキー大会が開催されました。小学生から大人まで40名が参加し、青空の下、日頃の練習の成果を発揮していました。一般の部では、セイリュウジンやアニメのキャラクタなどに仮装して滑るなど、会場を大いに盛り上げていました。

神の子池かんじきウォーキング(2018年2月11日)

かんじき1 かんじき2

 2月11日、神の子池を散策するかんじきウォーキングが行われ、町内外から47人が参加しました。冬でも凍らない青く澄んだ神秘的な神の子池に、参加者の心をつかんでいました。

オールさっつる・かもい雪のフェスティバル(2018年2月10日)

雪フェス1 雪フェス2

 2月10日、パパスランドさっつるで雪のフェスティバルが開催されました。5回目を迎える今年は、日本ハムファイターズのマスコットキャラ「ポリー・ポラリス」が駆けつけ、「きよっぴ」と「セイリュウジン」とともに、子ども達と楽しい時間を過ごしました。また、豚汁やホット牛乳など温かいものが提供された他、スノーモービルや滑り台では子ども達で人気を博していました

アイスキャンドルナイト(2018年2月9日~10日)

キャンドル

 2月9日~10日、情報交流施設「きよ~る」とふれあい広場でアイスキャンドルナイトが行われました。2回目となる今年は、焼酎醸造所もライトアップされ、幻想的な明かりに包まれていました。

清里中学校 普通救命講習(2018年2月9日)

普通救命1 普通救命2

 2月9日、清里中学校体育館にて同校3年生を対象とした普通救命講習が行われました。生徒たちは、はじめにDVDで応急手当の重要性を学んだ後、胸骨圧迫の実技演習や、人形を用いてAEDの使用方法などを学びました。

歩くスキーツアー(2018年2月4日)

歩くスキー

 2月4日、歩くスキーツアーが開催され、町内から11名が参加し、向陽・美里コース(約10km)を歩きました。
 雪の降るあいにくの天気で、斜里岳は望めませんでしたが、向陽・美里コースを歩いた参加者は、寒風吹きすさぶ中ゴールを目指しました。 歩くスキーの後は、参加者みんなでジンギスカンやおにぎりを食べて、冷えきった体を温めました。

お問い合わせ先

清里町役場企画政策課まちづくりグループ
〒099-4492 北海道斜里郡清里町羽衣町13番地
電話:0152-25-2135 FAX:0152-25-3571

ページの先頭へ