トップ > かわら版 > 2015年 > 8月のトピックス

8月のトピックス

清里小学校によるリサイクル活動(2015年8月31日)

清里小学校リサイクル 清里小学校リサイクル2

8月31日、清里小学校の子どもたちが「リサイクル活動」を行いました。 「リサイクル活動」は、JRC(青少年赤十字)活動の一環として行われたもので、子どもたちは各家庭を回り、古新聞などを回収しました。子どもたちは一生懸命多くの古新聞、古雑誌などを集め、引いていたリアカーはたちまち一杯に。ところどころに見られる古新聞や古雑誌の山から、子どもたちの苦労がうかがえます。

第29回町民水泳大会(2015年8月22日)

水泳大会

8月22日、新しいプールではじめてとなる町民水泳大会が行われました。
町内の児童や生徒を中心に53名が参加し、自由形や平泳ぎのほか、自己申告したタイムにどれだけ近づけるかを競う「自己申告タイムレース」なども行われ、出場した選手たちは日頃の練習の成果を披露していました。
また、今年はベビースイミングスクールの親子8組も出場し、会場全体が声援を送っていました。

東大陸上部清里中訪問(2015年8月19日)

清里中訪問

8月19日、東大生10人が清里中学校を訪れ、全校生徒に「勉強方法」や「メンタル面の強化」や「トレーニング方法」などでふだん心がけていることやポイントをアドバイスしました。生徒たちは東大生の話に真剣に耳を傾け、今後の参考にしていました。また、箱根駅伝への意気込みについては、歴代の東大記録の更新を目標に、10月17日都内で行われる箱根駅伝予選会の出場に向けて練習を行っていきたいと語っていました。

子どもから大人まで盆踊り(2015年8月15日)

子ども盆踊り 子ども盆踊り 大人盆踊り

8月15日、町営水元駐車場で『納涼子ども盆踊り』『大人盆踊り大会』が行われました。
当日、会場では焼き鳥などの夜店が並び、子どもから大人までたくさんの方が詰めかけました。子ども盆踊り後は、恒例の餅つきもあり、浴衣姿で一生懸命に重たい杵を持って餅をついていました。
また、大人盆踊り大会では、きよさと竜神太鼓の叩く太鼓と民謡のなか、大人も仮装して参加するなど盆踊りを楽しんでいました。

東京大学陸上部による陸上教室(2015年8月11日)

陸上教室1 陸上教室2

8月11日、東京大学陸上部による「陸上教室」が開かれました。教室には小中高生の児童・生徒が参加し、東大生指導のもとウオーミングアップや東大生も交えて班対抗のリレーを行いました。リレー前の各班での打ち合わせでは、バトンタッチの練習をする風景も見られました。リレーは班対抗とあってか、みな真剣な面持ちで臨んでいました。1時間という短い時間ではありましたが、スポーツを通してお互いに交流を深めました。

学習サポート教室(2015年8月5日)

学習サポート教室1 学習サポート教室2

8月3日~5日までの3日間、小中高生の基礎学力向上や生活リズムの定着などを目的として、「夏休み学習サポート教室」が開催されました。今年は、98人(小学生74人、中学生11人、高校生13人)の小中高生が申し込み、国語や算数、英語などを勉強しました。指導には、各小学校校長や教員OBなどのほか、今年から地元清里高校の生徒も指導にあたりました。参加した子どもたちは、地域でよく知る高校生が指導にあたっていることもあり、積極的に手を挙げて質問し、真剣に学習に取り組んでいました。

まちづくりフォーラム(2015年8月1日)

まちづくりフォーラム1 まちづくりフォーラム2

8月1日、清里町まち・ひと・しごと創生総合戦略策定に伴うまちづくりフォーラムが開催され、中学生~大人まで29人が参加しました。フォーラムには、東京農業大学生物産業学部産業経営学科長澤教授を招き、これからのまちづくりについて講演が行われたほか、講演終了後にはワールドカフェも開催され、「雇用の創出」や「結婚・出産・子育てへのサポート」など4つのトークテーマについて参加者が意見を出しあいました。各テーブルでは、まちづくりについて白熱した意見交換がなされ、参加者にはたいへん好評でした。

お問い合わせ先

ページの先頭へ