トップ > かわら版 > 2015年 > 2月のトピックス

2月のトピックス

北の奏人(2015年2月28日)

北の奏人

2月28日、関ヒトシさん、KAZUMIさん、杉本雅人さん、松永麻美さんを招き、プラネットステージ公演『北の奏人』が開催されました。
当日は、演奏を聴くため多くの観客がつめかけ、力強い歌声やギター、三味線、ハーモニカの音色を楽しみました。

第50回町民スキー大会(2015年2月22日)

スキー大会

2月22日に第50回町民スキー大会が開催され、21名が大会に参加しました。
種目はスキー大回転、回転、スノーボード大回転が行われました。 また競技終了後はミカン拾いやスキー協会による団体滑走の披露などが行われました。

じゃがいも焼酎北海道清里を語る会(2015年2月21日)

焼酎報告会

2月21日、プラネットでじゃがいも焼酎「北海道 清里」の誕生に寄与してくださった江戸川大学の鈴木教授のコーディネートのもと、同じく焼酎のリニューアルに大きく携わっていただいた大黒さん、高田さん、天宅さん3人のデザイナーやコピーライターの是方さん、写真家の阪野さんを招き、焼酎リニューアルまでの道程と清里焼酎の今後の展望が語られました。
最後の意見交換では、積極的な意見交換が行われました。また、今回清里焼酎のリニューアルに携わった6名の方には、町長が感謝状を贈呈しました。

第37回まちづくり住民大会(2015年2月14日)

まちづくり住民大会 まちづくり住民大会 まちづくり住民大会

2月14日、第37回まちづくり住民大会が開催されました。
当日は、悪天候にもかかわらず約160名の町民がプラネット97に詰めかけました。
大会には、合同会社北海道観光まちづくりセンターの鈴木宏一郎先生を招き、1月31日に開催された若者ネットワークの中で10代から40代の若者から提案された「北海道で最もHappyなマラソン」カラーランの実施や「町全体でのPR活動」清里ステッカーの作成、「グローバルコミュニケーション」日常的な英会話取得のための英会話教室など8事業を披露し、当日、出席した町民よりロビーに貼り出した企画書に支持する事業にシールを貼ってもらいました。
鈴木先生は、若者が提案した事業を、「若者目線だけからの提案ではなく、高齢者など他の地域住民のことも考えた事業を提案していくことが必要。」と講評を披露しました。また、最後に自治会花壇コンテストの表彰式が行われ、最優秀賞に上斜里中自治会(会長 佐藤 誠)が受賞し、そのほか優秀賞など9団体、特別賞に2名受賞しました。 

清里小学校1日体験入学(2015年2月13日)

清里小学校1日体験入学 清里小学校1日体験入学 清里小学校1日体験入学

2月13日、今年4月清里小学校新一年生になる31名と保護者は、1日体験入学を行い、新一年生になる31名は、一年生と一緒に絵本の読み聞かせや音楽のリズム体験を実施ました。
その後、新一年生になる31名にランドセルが宗形校長から手渡されました。
ランドセルを受け取った新一年生は「ありがとうございました。」など宗形校長にお礼を述べていました。
新一年生は4月6日に入学予定です。

神の子池かんじきウォーキング(2015年2月8日)

神の子池かんじきウォーキング 神の子池かんじきウォーキング 神の子池かんじきウォーキング

2月8日、神の子池かんじきウォーキングが行われました。
今年は、川沿いにコースを設置し、参加者は雪深い中かんじきを履いて神の子池まで約2キロの道のりを楽しみました。
神の子池に到着すると、ふだん見られない冬の神の子池に参加者は感動していました。

第3回緑冬祭り(2015年2月8日)

緑冬祭り 緑冬祭り

2月8日、9日の2日間、第3回緑冬祭りが開催されました。
午後5時にキャンドルに明かりがともされると、幻想的な景色に来場者は感動していました。

第2回雪のフェスティバル(2015年2月7日)

パパスランド冬まつり

2月7日、パパスランドさっつるで第2回雪のフェスティバルが開催されました。
当日は天候に恵まれ、多くの方が来場しました。イベントでは、食のフェスティバルが行われ、清里産きたほなみで作られた手打ちうどんやしぼりたて牛乳などが振る舞われました。その他、会場ではスノーモービル体験や雪のすべり台で遊ぶこともでき、子どもや多くの家族連れに人気でした。

お問い合わせ先

清里町役場企画政策課まちづくりグループ
〒099-4492 北海道斜里郡清里町羽衣町13番地
電話:0152-25-2135 FAX:0152-25-3571

ページの先頭へ