トップ > かわら版 > 2013年 > 11月のトピックス

11月のトピックス

交通安全ぴかっと作戦(2013年11月22日)

 11月22日、オホーツク管内で9月下旬以降交通死亡事故が増加しており、今後日没が早くなり高齢者歩行者被害の交通事故が多発することから、管内18市町村で反射材のたすきをつなげるリレーが行われました。
 当町でも、斜里町からバトンタッチされた、たすきを山田正一さん(羽衣町南)、鈴木英子さん(札弦町第一)が受け取り、「高齢者のリーダーとして、地域の高齢者が交通事故の犠牲にならないよう交通安全の輪を広げていきます。」山田さんより交通安全宣言が成されました。

JRC委員会歩行器を贈呈(2013年11月25日)

 11月25日、清里小学校JRC委員会が清里町老人介護保健施設きよさとに訪れ、歩行器6台を寄贈しました。
 JRC委員会は、毎年8月末にリサイクル活動を行い、新聞紙や雑誌などを回収し、それで得た益金で備品等を購入し福祉施設等に、寄贈する奉仕活動をしてきました。
 今年も、8月31日に行ってリサイクル活動で得た益金で歩行器を購入し、「リサイクル活動で得た収益で、買った歩行器をぜひ使ってください。」と前期JRC委員長平田諒輔君は、入所者に歩行器を手渡しました。

広川禎志さん表彰(2013年11月25日)

 当町の国民健康保険運営協議会委員である広川禎志さん(羽衣町第2)は、北海道国民健康保険団体連合会から永年の功績を称え永年表彰を受けました。
 広川さんは、平成2年から現在までの23年間、当町の国民健康保険運営協議会委員として、国民健康保険事業の健全な運営と発展に尽力され、地域住民の意識高揚に多大な貢献をされました。
 11月25日に、櫛引町長から伝達が行われ、北海道国民健康保険団体連合会と清里町から表彰状と記念品が贈られました。

納税表彰を受賞(2013年11月14日)

二杉よしおさん納税表書を受賞し賞状を持っている写真

11月11日から11月17日の税を考える週間に合わせ、申告納税制度の普及と納税意識の向上に功績があったとして、二杉好郎さん(羽衣町第3)が11月14日に平成25年度網走税務署長表彰を受賞されました。
二杉さんは、家業の傍ら、平成14年7月から清里町青色申告会理事、平成24年6月から同副会長、平成25年6月からは同会長。
また、平成24年9月から網走地方青色申告会連合会の理事として重責を担っています。

東京清里会(2013年11月2日)

東京清里会総会の写真

11月2日、東京都内で東京清里会総会が行われました。
総会には、東京都内近郊の清里町出身者や清里町にゆかりのある方が集まりました。
本町からも、櫛引町長をはじめ、村尾議長など、8名が出席し、パパスランドのリニューアルオープンなど本町の現状などを報告しました。
総会後、懇親会が行われ、久しぶりに顔を合わせる故郷の仲間と、近況を報告し盛り上がりました。

リヤカー贈呈(2013年11月11日)

日本赤十字社清里分区から清里小学校JRC委員会に対しリヤカーを贈呈している写真

11月11日、清里小学校JRC委員に対し、日本赤十字社清里町分区(分区長 櫛引町長)が日頃の活動を表して、リヤカーを贈呈しました。
JRC委員は、町内の各戸に子どもたち自らがリヤカーを引きながら出向き、古新聞回収等のリサイクル活動等を行い、その活動で得た収益で町内高齢者施設へ備品を贈呈するなどの活躍をしてきている。
老朽化したリヤカーに対し、佐藤美咲さん(JRC委員長)に、アルミ製のリヤカー1台が贈られました。

ニュージーランド研修報告会(2013年11月6日)

ニュージーランド研修報告会画像

9月20日から29日の10日間、清里高校1年生25名が、ニュージーランド研修に参加し、異国文化に触れました。
11月6日、ニュージーランド研修報告会が行われ、1年生8グループが、英語と日本語を交えて報告を行ったり、見て学んだことを清里町に提案するなどしました。
生徒からは、「ホストファミリーとの交流で、苦手な英語も少し好きになることが出来た。」など、今回の研修の思い出を語ってくれました。

お問い合わせ先

清里町役場企画政策課まちづくりグループ
〒099-4492 北海道斜里郡清里町羽衣町13番地
電話:0152-25-2135 FAX:0152-25-3571

ページの先頭へ