トップ > かわら版 > 2011年 > 2月のトピックス

2月のトピックス

江南小学校・新栄小学校閉校式が行われました(2011年2月11日)

江南小学校・新栄小学校閉校式の様子 小学校前で記念撮影をする子どもたち

今年3月で閉校となる江南小学校の閉校式が2月11日、新栄小学校の閉校式が2月12日に行われました。
江南小学校は、大正13年に「斜里村立上斜里尋常高等小学校江鳶教授場」として、新栄小学校は、大正4年に「斜里村立川上尋常小学校所属奈良特別教授場」として開校しています。以来、昭和18年の上斜里村の分村独立、昭和30年の町制施行など幾多の本町歴史の変遷とともに歩み、地域の文化や伝統を受け継ぎ、地域の交流の場としても大きな役割を担ってきました。
多くの来賓や卒業生、地域のみなさんが参加した記念式典では、児童一人ひとりが、学校での思い出と感謝のことばを述べて閉校を惜しむとともに、4月から通う清里小学校での新たな出会いに、期待と夢をふくらませていました。
また、式典終了後には両校の「思い出を語る会」が行われ、歴史と伝統を振り返りました。

「第33回まちづくり住民大会」が行われました(2011年2月19日)

第33回まちづくり住民大会の様子 株式会社ラムレス代表取締役会長の木原くみこさん

2月19日、プラネット97で約200人の町民の皆さんが参加し「第33回まちづくり住民大会」が行われました。
はじめに、今年度の花壇・ガーデンコンテスト表彰式が行われ、今年度の入賞者の方々の成果が称えられました。続いて、木原くみこさん(株式会社ラムレス代表取締役会長)を講師に迎え「三角山放送局からこんにちは~地域からの情報発信~」と題した講演が行われ、地域密着型のラジオ放送を通じた数々のまちづくりへの示唆を含んだエピソードに、参加者は興味深く耳を傾けていました。
また、新たなまちづくりの指針となる第5次清里町総合計画の概要が説明されるなど、今後のまちづくりについて参加者みんなで考える一日となりました。

中体連スケートで松井眞佑くんが全国大会に出場しました(2011年1月29日)

全国中学校スケート大会に出場した清里中学校の松井眞佑くん

1月29日から2月1日の日程で開催された全国中学校スケート大会に清里中学校の松井眞佑くん(3年)が出場しました。
長野市エムウェーブ(オリンピック記念アリーナ)を会場に行われた全国大会で、松井くんは男子3,000メートルと5,000メートルの2種目に出場しました。88名が出場した3,000メートルでは、好タイムで見事予選突破し、全国で22位の結果を残しました。
これまでに、スケートで4人のオリンピック選手を輩出した清里町ですが、松井くんの今後の活躍が大いに期待されます。

プラネットステージ公演「北の奏人」(2011年2月17日)

北の奏人のステージ公演の様子

2月17日、ステージ公演「北の奏人」がプラネット97を会場に行われました。KAZUMIさん(唄・民謡)・関ヒトシさん(ギター)・PETAさん(ギター&ボーカル)・千葉智寿さん(ハーモニカ)の北海道出身のアーティストが出演したライブには、町内外から多くの観客が集まりました。
ライブでは、異なるジャンルの演奏や唄が披露されるとともに、故郷北海道の話やトークに会場は終始笑い声と笑顔に包まれていました。
また、演奏終了後には、昨年、PETAさんと千葉さんが演奏会を行った江南小学校の児童から花束が贈られました。

お問い合わせ先

清里町役場企画政策課まちづくりグループ
〒099-4492 北海道斜里郡清里町羽衣町13番地
電話:0152-25-2135 FAX:0152-25-3571

ページの先頭へ