トップ > かわら版 > 2011年 > 12月のトピックス

12月のトピックス

垂石貞信さん大日本山林会会長賞受賞(2012年12月5日)

受賞した垂石貞信さん

12月5日、垂石貞信さんが大日本山林会会長賞を受賞しました。
垂石さんは、先代から家業である農林業を継承し、畑作農業の傍ら農閑期などを活用して防風林造成に取り組み、山林を購入し、森林の持つ多目的機能と農業を効果的に融合させた森林整備を進めてきました。
また、平成17年度に「北海道指導林家」に認定され各種研修会の参加や施業技術の研鑽も行い地域の模範となる林業経営を実践されています。
このような活動が認められ、社団法人全国林業改良普及協会並びに社団法人大日本山林会が主催する、第50回農林水産祭参加全国林業経営推奨行事で長年にわたる山づくりと、精力的な地域活動などが認められ個人の部で大日本山林会会長賞に輝きました。

中学生のまちづくり提言発表会(2012年12月7日)

発表の様子

12月7日、清里中学校で中学三年生の総合学習の時間として、地域提言学習が行われ、町から町長をはじめ町職員が発表に出席しました。
テーマは「皆が笑顔になれる街づくり」として事前に町づくりの内容を学習・調査して発表に臨んでいました。
「自然を維持し、守り、観光に活かす」などいろいろな提言が行われ、清里町の将来について活発な話し合いが行われました。

プライズクラブが全道大会出場(2012年12月15日)

受賞した3名の集合写真

12月15日、北見市で行われたオホーツク総合振興局管内青年農業者大会で、清里町プライズクラブのプロジェクト発表部門で発表者田中健太さん、発表補助者湯浅尚樹さんが最優秀賞を受賞し、アグリメッセージ部門で湯浅隆司さんが優秀賞を受賞しました。
プロジェクト発表部門で最優秀賞を受賞した2名は、1月31日から2月1日に行われる北海道青年農業者会議・全国交換大会in北海道に出場し全国大会出場を目指して研究成果を発表します。

わくわく商品券完売(2012年12月1日)

わくわく商品券の販売の様子

12月1日、毎年恒例のわくわく商品券が販売されました。
1万円で、1万2千円分の商品券が購入できることから毎年即日完売しており、今年度も販売前から多くの人々が押し寄せわずか、40分足らずで完売となりました。

街頭啓発を実施(2012年12月8日)

街頭啓発の様子

12月8日、役場前でロータリークラブによる街頭啓発が行われました。
冬場は、路面の凍結による路面状況の悪化などによる事故が増えることから街頭啓発を行い、ドライバーに啓発資材を渡し、路面状況に合わせた運転を呼びかけました。

歳末特別警戒出動(2012年12月14日)

歳末特別警戒出動式の様子

12月14日、歳末特別警戒出動式が行われました。
事件や事故が多発する歳末に清里交通安全防犯協会などの関係機関と警察が協力し振り込め詐欺や交通事故などを防止する目的で行われました。
当日は、約30名が参加し清里市街、札弦市街、緑町市街の各商店を巡回し防犯等を呼びかけました。

第55回文化祭(2012年12月3日)

舞台発表の様子

12月3日から4日までの2日間清里町文化祭が行われました。
舞台発表や展示発表では、日頃の成果を披露しました。また、食堂などの飲食コーナーもたいへんにぎわいました。

お問い合わせ先

清里町役場企画政策課まちづくりグループ
〒099-4492 北海道斜里郡清里町羽衣町13番地
電話:0152-25-2135 FAX:0152-25-3571

ページの先頭へ