トップ > かわら版 > 2011年 > 10月のトピックス

10月のトピックス

柏倉守さん知事感謝状を受賞(2011年9月20日)

交通安全功労者知事感謝状を受賞した柏倉守さん

9月20日、柏倉守さんが交通安全功労者知事感謝状を受賞しました。
柏倉さんは、昭和46年11月から昭和52年10月まで、平成15年11月から現在に至るまで、13年間の永きにわたり、清里町交通安全指導員として、交通安全期間中などの児童通学路の見守りや、各種イベントでの交通安全指導など、清里町の交通安全の啓蒙と推進に多大な貢献をされたことから、今回の知事表彰となりました。

石井幸二さんが教育委員に再任されました(2011年9月)

櫛引町長から任命書を手渡される石井幸二さん

9月定例町議会で、選任の同意を経て、石井幸二さん(青葉)が清里町教育委員に任命されました。
10月3日に櫛引町長から任命書が手渡されました。
石井さんは、平成19年に同委員に就任されて以来の再任となり、任期は平成23年10月から平成27年9月までの4年間となっています。

知事とのまちかどオホーツク夢懇談が行われました(2011年10月21日)

まちかどオホーツク夢懇談の参加者たち

10月21日、オホーツク夢懇談が行われ、高橋北海道知事、有好オホーツク総合振興局長と近隣5市町の地域で活躍する代表が集まり「地域づくりを活かした新たな魅力づくり」というテーマで懇談を行いました。
清里町からは、農業法人有限会社苺の丘の篠田真弓さんが参加し、自社製品の話などをした後、活発な意見交換を行いました。

商工会女性部、商工青年部が交通安全を呼びかけました(2011年10月18日)

交通安全呼びかけの様子

10月18日、秋の輸送繁忙期で交通事故が多発するこの時期にコミット前で、商工会女性部と商工会青年部による交通安全街頭啓発を行い、安全運転を呼びかけ啓発資材を配布しました。

秋のスポーツが行われました(2011年10月9日)

清里町スポーツフェスティバルの様子

10月9日、パノラマウォーキングが開催され、当日は約30名の参加者があり秋の清里を堪能しました。
10月10日、清里町スポーツフェスティバルが行われ約120名の参加がありました。
当日は、体育の日でもあり多くの人たちが各種スポーツを楽しみました。
10月23日、パパスウォーキングが開催され、当日は約20名の参加者があり札弦市街を歩きました。

東大陸上部箱根駅伝予選会の応援に行ってきました(2011年10月15日)

東大陸上部箱根駅伝予選会の応援の様子

10月15日、毎年夏合宿で清里町を訪れている東大陸上部が箱根駅伝予選会に出場しました。
予選会には、力走する姿を間近で応援しようと、町内有志により発足した後援会(会長 村尾富造さん)、東京清里会(会長 湯浅忠さん)と夏合宿中に交流した清里高校生2名を含むみなさんが応援に駆けつけ熱い声援を送りました。
予選突破とはなりませんでしたが、選手たちは第2の故郷清里町からの温かい声援にこたえる力走を見せてくれました。

公開研究大会が行われました(2011年10月14日)

公開研究大会の様子

10月14日、清里中学校公開研究大会が行われ全道各地より多くの教育関係者が集まりました。
清里中学校では、4年前から教育課程にピア・サポートプログラムを位置付け、生徒がお互いに思いやり助け合うことを通し、よりよい人間関係を築く能力の育成を目指した実践的研究を進めてきました。
当日は、公開授業や研究協議などが行われ、公開授業では、「上手な指示の出し方」などを行い、地図などを使って生徒たちはどのように指示を出せば分かりやすいのかを実践していました。

防災対応自販機設置(2011年9月27日)

防災対応自販機設置に関する協定書手交式の様子

9月27日、災害時における道路利用者への迅速な情報提供に取り組んでいる北海道開発局、自動販売機の設置者であるコカ・コーラボトリング株式会社並びに道の駅の管理者である清里町の三者が協定書を結びました。
電光掲示板付き防災対応自動販売機を設置し、平常時はニュースやお知らせなどが流れ、緊急災害時は、遠隔操作により無料で清涼飲料水などを提供します。
また、あわせてコカ・コーラボトリングと、清里町との間にも防災協定を結び、プラネットにも同じく災害対応の自働販売機を設置しました。

お問い合わせ先

清里町役場企画政策課まちづくりグループ
〒099-4492 北海道斜里郡清里町羽衣町13番地
電話:0152-25-2135 FAX:0152-25-3571

ページの先頭へ