トップ > かわら版 > 2010年 > 9月のトピックス

9月のトピックス

第5次清里町総合計画の審議結果が答申されました(2010年9月21日)

第5次清里町総合計画の審議結果が答申された様子

清里町総合開発審議会(会長 村尾富造町議会議長)に諮問していた第5次清里町総合計画(平成23年度から32年度)の審議結果が、9月21日に橋場町長に答申されました。
答申では「第4次総合計画」の実績、反省評価に基づくとともに、平成17年に策定された「清里町自立計画」、さらには平成21年に策定された「第2期清里町自立計画」の方向性を引き継ぎ、発展させるとともに、「協働」「共生」「共創」の3つの方向性を基調とした新たなまちづくりが提言されています。
答申を受けた町では計画の素案を作成し、10月中旬から町民意見提出手続きにより、広く意見を募集する予定となっています。今後、提出された意見も参考としながら、計画の最終策定が進められます。

観光協会が「神の子池ラーメン」の試験販売を開始(2010年9月)

神の子池ラーメン

NPO法人きよさと観光協会(会長 川筋守さん)では、清里産小麦「春よ恋」を石臼引きした小麦粉を使用した「神の子池ラーメン」の試験販売を9月から開始しました。
昨年より販売している「清里冷麺」に続き開発された今回のラーメンは、乾麺タイプとなっており、味噌・塩・醤油の3種のスープ入りです。
観光協会では、近年、農業者との異業種連携により、地元農作物を利用した様々な商品開発に取り組んでいます。
今回は清里町内の店舗での試験的な販売となりますが、町の新たな特産品として期待されます。

田園工房ポプラで秋の収穫祭(2010年9月4日)

野菜直売イベントを楽しむ人々

9月4日、上斜里コスモスロード駐車帯にある「田園工房ポプラ」で地域の生産者と商工会などが連携した野菜直売イベントが行われました。
店頭には、「清里メロン」や「かぼちゃ」、「じゃがいも」など清里町のとれたての新鮮野菜が豊富に取りそろえられ販売されました。また、石窯焼きのピザやパンなどの加工品も販売されるなど年を重ねるごとに品揃えも豊富となり、晴天に恵まれたこの日は、多数の観光客や町内外からのお客さんで賑わいました。
地域の生産者の声かけで始まったこの取り組みですが、清里の新たな秋のイベントとして定着しました。

交通安全指導員の伊藤ミサ子さんが表彰されました(2010年9月21日)

伊藤ミサ子さんの表彰の様子

長年にわたる交通安全指導や実践活動の功績により、伊藤ミサ子さん(新町)に北海道知事より感謝状が贈呈され、9月21日に橋場町長より伝達されました。
伊藤さんは、交通安全指導員として町の交通安全活動の先頭に立って活躍し、交通安全の啓蒙と推進に多大な貢献をされ、今回の表彰となりました。
交通安全指導員の皆さんは、朝早くから児童の通学安全を見守り、各種行事では町民の交通事故防止に尽力されています。

清里小児童によるリサイクル活動が行われました(2010年8月28日)

清里小児童によるリサイクル活動の様子

8月28日、清里市街で清里小学校の児童による、古新聞、古雑誌などを回収するリサイクル活動が行われました。
この活動は、青少年赤十字活動の一環として、環境の大切さを学ぶとともに地域の方々の温かさにふれながら、働く喜びを感じ取ることができる体験学習として長年取り組みが行われています。
毎年この活動の収益金により高齢者施設などに介助器具を寄贈しており、今年も地域や社会貢献に役立てる予定です。

お問い合わせ先

清里町役場企画政策課まちづくりグループ
〒099-4492 北海道斜里郡清里町羽衣町13番地
電話:0152-25-2135 FAX:0152-25-3571

ページの先頭へ