トップ > かわら版 > 2010年 > 4月のトピックス

4月のトピックス

「総合計画策定町民公開講座」を開催(2010年4月9日)

第5次清里町総合計画策定町民公開講座の様子

4月9日、プラネット97で、「安心が活力を生むまちづくり~共生と協働のまちづくりと地域住民自治」と題して、北海道大学大学院法学部教授の宮本太郎氏を講師に迎え、第5次清里町総合計画策定町民公開講座が行われました。
現在、町では新たな総合計画の策定を進めていますが、この講座は広く町民の皆さんとともに「将来のまちの姿」を考える機会として開催されたものです。
宮本教授は、スウェーデンの福祉や政治経済などを研究してきた事例を交えながら、諸外国の社会保障に学ぶべきことや、地域での雇用創出のためには生涯教育や子育て支援、医療サービスなどの充実が必要であることなどを語り、100人を超える参加者が、熱心に耳を傾けていました。

大谷昌平さんに清里町社会福祉功労を授与(2010年4月5日)

大谷昌平さんに清里町社会福祉功労を授与している様子

4月5日、清里町顕彰式が行われ、清里町の医療と福祉のためにご尽力されてきた大谷昌平さんに社会福祉功労が授与され、その功績がたたえられました。
大谷昌平さんは、平成2年4月から清里病院の副院長として勤務され、平成6年10月からはおおたにクリニック院長として、20年の永きにわたり町内唯一の医療機関の医師として地域の医療を支えてきました。
さらに、町民の皆さんの予防接種や各種検診、特別養護老人ホームの嘱託医、学校医、事業所の産業医を務めるなど、地域医療に献身的にご尽力され、今回の受章となりました。

みんなできれいな町を「道路一斉清掃」(2010年4月20日)

道路一斉清掃の様子

4月20日、清里、札弦、緑の市街地区で、舗装道路や道路側溝に溜まっている土砂や、ごみなどの冬アカを一掃するために、早朝の道路一斉清掃が行われました。
歩道の角には雪解けと一緒に流された土砂や、空き缶などのごみが溜まっており、ほうきやスコップで集めると、見違えるほどすっかりきれいになりました。
道路一斉清掃は町の環境美化事業の一環として毎年行われていますが、このような地域単位での小さな活動の積み重ねがまちづくりを支えています。

クリニックきよ里が開所しました(2010年4月12日)

クリニックきよ里の開所式の様子

医療法人恵尚会(岩月尚文理事長)が、診療所としてクリニックきよ里を開所しました。4月12日には開所式が行われ、理事の馬場雅広さんは、「地域に密着した医療を目指していきます」と挨拶しました。
診療科目は内科で、院長の鈴木良三医師と派遣医により診療が行われます。札弦、緑地区の患者送迎(曜日限定)も行われます。
また、訪問看護ステーション「はなの里」と療養通所介護事業所「みどりの里」も併設されています。

新たな生活が始まりました(2010年4月)

入学式の様子

4月は入学シーズン、希望いっぱいの春を迎えた子どもたちの季節がやってきました。
はじめての学校に緊張している児童や、元気にはしゃぎまわっている園児などそれぞれでしたが、これから新しい環境で楽しい学校生活や園生活が始まります。

お問い合わせ先

清里町役場企画政策課まちづくりグループ
〒099-4492 北海道斜里郡清里町羽衣町13番地
電話:0152-25-2135 FAX:0152-25-3571

ページの先頭へ