トップ > かわら版 > 2010年 > 12月のトピックス

12月のトピックス

町民会館・緑清荘落成式典が行われました(2010年12月4日)

緑清荘落成式典の様子 町民会館の外観 緑清荘

12月4日、町民会館を会場に町民会館・緑清荘落成式典が行われました。
両施設ともに国の交付金を受けて事業が行われ、町民会館(清里地域資源活用交流促進施設)は、地域コミュニティーの拠点施設として交流ホールや和室、会議室などが整備され、11月2日にオープン。緑清荘(清里町農山漁村体験施設)は、3月より増改築工事が進められ、30室の客室やレストランスペースなどが新たに整備され、12月6日にリニューアルオープンとなりました。
式典は、橋場町長、村尾町議会議長のほか地元選出国会議員や町内各団体の代表者など多くの関係者が出席するなか行われ、橋場町長は「今回、落成した両施設が町民みなさんに大いに利用いただくとともに、新たな都市農村交流や地域振興に結び付くことを強く期待いたします」と式辞を述べました。

清里の味覚を楽しむ「特産品の夕べ」(2010年12月11日)

試食会の様子

12月11日、コミュニティーセンターを会場に、新製品「神の子池ラーメン」や「清里焼酎」をはじめ、地元農産物の料理や加工品の試食会が商工会の主催により行われました。来場した250名の参加者は、豊富に取りそろえられた清里の特産品を口に含み、その味を確かめていました。また、長いもを使用した料理に「もっちりしてとてもおいしい、家庭でもできそう」などと豊かな食感とアイデアがたいへん好評でした。
この日は、きよさとそばやパン、手作りみそなどの販売も行われ、地域の特産品の豊富な品揃えに目を奪われていました。

「地域振興券」の交付が行われました(2010年12月18日)

地域振興券交付の様子

12月18日から20日までの3日間、町民会館など町内3箇所で、地域振興券の交付が行われました。
この事業は、地元での消費拡大と町民の皆さんへの生活支援として行われるもので、3年連続での事業実施となりました。
地域振興券は町民一人につき1万円が交付され、3日間で9割以上の世帯が受け取りました。
なお、地域振興券の使用期限は1月31日までとなっておりますので、お早めにご使用ください。

江南小最後の学芸会でタイムカプセルを埋設(2010年11月28日)

タイムカプセルを埋設の様子 ロケット型カプセル

11月28日、閉校を3月にひかえる江南小学校で最後の学芸会が行われました。会場には、保護者をはじめ地域のみなさんや卒業生など大勢の観客が集まり、児童らは、この日のために練習した演劇や踊り、器楽演奏などを元気いっぱいに発表しました。
また、この日は児童や卒業生、地域住民などの手によってタイムカプセルの埋設も行われ、児童らがロケット型カプセルに、未来の自分にあてた手紙や、地域のみなさんから寄せられた写真など約60通を入れて封印し、校庭の一角に埋設しました。
この事業は保護者らでつくる閉校事業協賛会(会長 近藤博さん)が生徒や地域の想い出づくりのために企画し、1年生が成人する2024年8月に開封される予定です。

中学生が町の未来を提言(2010年12月14日)

未来について話し合う懇談会の様子

12月14日、清里中学校で中学3年生と橋場町長・村上教育長が町の未来について話し合う懇談会が行われました。
懇談会では「こんな町にしたい」をテーマとし、農業・商工業や観光の発展など数多くの意見が提案されました。
生徒たちは懇談会にあたり、町づくりの内容を事前に学習・調査し、「マスコットキャラクタを募集してはどうか」など様々な提言が行われました。なかには、清里の食材を使用した新商品のレシピを考案したグループもあり、清里町の将来について活発な話し合いが行われました。

JA清里町女性部研修会が行われました(2010年12月14日)

JA清里町女性部研修会の様子

12月14日、プラネット97を会場に、第25回JA清里町女性部研修会が行われました。
研修会では、ロッジ風景画の山下健吾さん(向陽東)を講師に「よそ者からみた清里町の魅力」と題した講演が行われ、清里町の恵まれた観光資源や農村風景など自然ガイドの視点からの話に参加者は熱心に耳を傾けていました。
また、女性部のみなさんからの出品による生活展では、「デンプリン」「南瓜のロールケーキ」など清里町産の農作物を使用したアイデア料理14品、エコハンガーやエコバックなどの手芸28品が出品され、女性農業者ならではの作品に会場からは感嘆の声があがっていました。

第54回清里町文化祭(2010年12月4日)

歌を披露するこどもたち 舞台で踊りを披露する女性たち

12月4日から5日までの2日間、プラネット97を会場に「時空の流れの中、『今』この一瞬を楽しもう」をテーマに、第54回清里町文化祭が開催されました。
舞台発表では、出演者の皆さんが日頃の活動の成果を披露し、展示部門では生け花、書道などのすばらしい作品が展示され、訪れた町民の目を楽しませていました。

お問い合わせ先

清里町役場企画政策課まちづくりグループ
〒099-4492 北海道斜里郡清里町羽衣町13番地
電話:0152-25-2135 FAX:0152-25-3571

ページの先頭へ