トップ > かわら版 > 2010年 > 11月のトピックス

11月のトピックス

清里町社会福祉協議会設立60年を祝う(2010年11月20日)

清里町社会福祉協議会設立60年・法人化30周年記念社会福祉大会の様子 STVアナウンサーの喜瀬ひろし氏

11月20日、プラネット97を会場に清里町社会福祉協議会設立60年・法人化30周年記念社会福祉大会が行われました。
清里町社会福祉協議会は、昭和25年に創設され、この間、介護保険法の施行や社会福祉法の改正など時代の変遷とともに、近年はホームヘルプサービスや介護保険事業のサービス提供事業者としての役割を担うなど広範な事業を行う福祉団体となっています。
式典には、多数の会員や来賓が出席し、枝崎弘一会長は「これまでの足跡を総括し、誰もが安心して暮らせる、福祉のまちづくりを目指し地域福祉の一層の推進を図ります」と式辞を述べました。
また、この日はSTVアナウンサーの喜瀬ひろし氏を講師に記念講演が行われ、喜瀬さんの体験談を交えたコミュニケーションの取り方などのお話に、200名の参加者は熱心に耳を傾けていました。

第23回東京清里会総会が行われました(2010年11月6日)

第23回東京清里会総会の様子

11月6日、東京都内で会員72名の皆さんが参加するなか、第23回目となる東京清里会(会長 湯浅忠さん)の総会が行われました。
町からは橋場町長や村尾町議会議長、二俣教育委員長をはじめ産業経済団体の代表者が出席。総会では最近の清里町の様子やまちづくりの話しに、ふるさとを懐かしむとともに、新しいまちづくりに対する期待の声が多く聞かれました。
また、毎年清里町で合宿を行っている東京大学陸上部のみなさんも出席し、10月16日に東京都内行われた箱根駅伝予選会での結果報告や清里会メンバーへの応援のお礼と感謝の言葉が述べられました。

鶴ヶ島産業まつりで交流(2010年11月13日)

鶴ヶ島産業まつを楽しむ人々

11月13日、14日の両日、埼玉県鶴ヶ島市で行われた「鶴ヶ島産業まつり」に、商工青年部や農協女性部の代表者など が参加しました。
清里町から持参した農産物やドライフラワー、発売されたばかりの「神の子池ラーメン」が販売され、例年好評のでんぷん団子の試食コーナーや清里産小麦で作ったパンの試食も行われるなど、来場者に北海道清里町の魅力をさらにPRすることができました。
また、官民の枠を越えた新たな協力や交流について話し合いの場が設けられるなど、今後のさらなる交流発展が期待されます。

各学校・保育所で学芸会が行われました(2010年11月)

練習した演劇を披露する園児たち

町内の各学校・保育所・幼稚園で学芸会が行われました。子どもたちは、この日のために一生懸命練習した演劇や踊り、器楽演奏などを元気いっぱいに発表しました。
また、閉校を来年にひかえた新栄小学校では、最後の学芸会を成功させようと頑張る子どもたちと地域のみなさんの姿が見られました。

お問い合わせ先

清里町役場企画政策課まちづくりグループ
〒099-4492 北海道斜里郡清里町羽衣町13番地
電話:0152-25-2135 FAX:0152-25-3571

ページの先頭へ