トップ > かわら版 > 2010年 > 10月のトピックス

10月のトピックス

清里小学校開校百周年を祝う(2010年10月3日)

町立清里小学校の開校100周年を祝う式典の様子 石井晃一校長の話を聞く生徒たち

10月3日、清里小学校を会場に町立清里小学校の開校100周年を祝う式典が行われました。
清里小学校は、明治43年に教育所設置の認可を受け校舎を建設し、「川上教育所上斜里教授場」として、32名の児童をもって開校。以来、昭和18年の上斜里村の分村独立、昭和22年の学校教育法の制定、昭和30年の町制施行など幾多の本町歴史の変遷と三代にわたる校舎の増新築を経て、現在の清里小学校となっています。
式典には、歴代の校長や卒業生、PTA関係者などが出席し、協賛会会長山中隆男さんの式辞に続き、石井晃一校長は「本校の伝統と校風を築き上げてきた先輩諸氏の偉業の上に立って、『生きる力』の育成に向け、一層の努力をいたします」と挨拶しました。
また、校歌を作曲した宮本千二さんのピアノ伴奏により、児童の全校合唱が行われるなど、100周年の喜びと2世紀に向けたさらなる発展を誓いました。

清里高校がユネスコスクールに認証されました(2010年10月8日)

認証式の様子

清里高校がユネスコスクールとして認定され、10月8日には、ユネスコ北海道事務局長 秋庭一憲氏を迎え認証式が行われました。
世界180カ国8千500校以上の学校が加盟する「ユネスコスクール」。同スクールは「人の心の中に平和のとりでを築くことを目的に発足し、ユネスコ(国連教育科学文化機関)が加盟校を承認し、子どもたちが環境や平和、国際理解などを学んでいます。
ニュージーランドモトエカ高校との交換留学などの国際交流活動や、地域ボランティア活動が認められ、今回の認証となりましたが、今後の更なる取り組みの発展が期待されます。

堀田迪子さん・遠藤正一さんが北海道社会貢献賞を受賞(2010年10月20日)

堀田迪子さん北海道社会貢献賞受賞の様子

長年にわたる民生委員・児童委員活動に対する功績により、堀田迪子さん(水元町第2)遠藤正一さん(羽衣町第3)のお二人が、北海道社会貢献賞を受賞し、10月20日に橋場町長より表彰状が伝達されました。
堀田さんと遠藤さんは、ともに昭和61年から23年間にわたり民生委員・児童委員として、地域福祉の発展に多大な貢献をされ、今回の表彰となりました。

東大陸上部に熱い声援を送りました(2010年10月16日)

東大陸上部後援会と東京清里会のメンバー

10月16日、毎年夏合宿で清里町を訪れている東大陸上部が箱根駅伝予選会に出場しました。
予選会には、同部の力走する姿を間近で応援しようと、昨年町内有志により発足した後援会(会長 村尾富造さん)と東京清里会(会長 湯浅忠さん)のみなさんが応援に駆けつけ熱い声援を送りました。
惜しくも予選突破とはなりませんでしたが、選手たちは第2の故郷清里町からの温かい声援にこたえる力走を見せてくれました。

清里中生徒が陸上競技で全道大会に出場(2010年10月16日)

清里中学校陸上部のメンバー

清里中学校陸上部の本松俊太くん(千500メートル)が、北海道中学校新人陸上競技大会網走地区予選会で標準記録を突破し、見事全道大会への切符を手にしました。また、同部の駅伝チームが予選突破をはたし、10月16日に開催された北海道中学校駅伝大会への出場し、47チーム中10位と好成績を納めました。
大会前に「目標はベスト8」と語ってくれたキャプテンの竹田魁人くん(3年)。3年生にとっては最後の大会となりましたが、よい想い出となる大会となりました。

プラネットステージ公演「CHAR TRAD ROCK」(2010年10月8日)

CHARさんの北海道ツアーの様子

10月8日プラネットステージ公演として、「CHAR TRADROCK」が行われました。「ギターの神様」と呼ばれるCHARさんの北海道ツアーとして行われた今回のライブでは、前売り券も早々に完売。ライブ当日は、町内外から約380名の観客が集まり、中には開演の1時間以上も前から並ぶお客さんの姿も見られました。
ライブでは、ビートルズ、エリック・クラプトン、ベンチャーズなどのナンバーが披露され、緊張感あふれる迫力の演奏で観客を魅了しました。

お問い合わせ先

清里町役場企画政策課まちづくりグループ
〒099-4492 北海道斜里郡清里町羽衣町13番地
電話:0152-25-2135 FAX:0152-25-3571

ページの先頭へ