トップ > かわら版 > 2010年 > 1月のトピックス

1月のトピックス

清里高校と東京農大網走が高大連携協定を締結(2010年1月20日)

調印式での前川校長と横濱学部長

1月20日、清里高校と東京農大生物産業学部(横濱道成学部長)が、高大連携教育協定を締結しました。
調印式では、前川校長と横濱学部長が協定書にサイン。相互に連携し教育や研究活動を通して、地域の発展に努めていくことを確認しました。
前川校長は「具体的な連携の内容はこれからだが、地域産業の農業に、生徒たちが積極的に関わりをもってもらうためにも、交流を図っていきたい」と期待し、横濱学部長は「網走管内全体の一次産業の発展に貢献できる人材の育成に、互いに協力して取り組んでいきたい」と話し、握手を交わしました。

上斜里自治会で町長対話懇談会を開催(2010年1月20日)

上斜里自治会の皆さんと橋場町長との対話懇談会の様子

1月20日、上斜里自治会の皆さんと橋場町長との対話懇談会が上斜里自治会館において行われました。この日は、自治会からは役員の皆さんのほか約20名が参加。町からは橋場町長ほか、上斜里地域担当職員2名が出席しました。
冒頭、町長からは、現在町で進めている主な事業や岡崎朋美選手のバンクーバーオリンピック出場の話題などが報告されました。
参加者からは、農業施策や小学校の統廃合、地域雇用施策に関する質問や要望などが活発に出され、「住民協働と共生のまちづくり」に向けた活発な意見交換の場となりました。

江南小学校で「小さな演奏会」(2010年1月19日)

江南小学校での演奏会の様子

1月19日、江南小学校で北海道を代表するプロのハーモニカ奏者千葉智久さんと弟子屈町出身のギタリストPETAさんによる演奏会が行われました。
「子どもたちに生のハーモニカの演奏を聞かせたい」と行われた今回の演奏会。集まった江南小の児童と父母らはふだんあまり聞くことのできない、ハーモニカの音色にとても感激した様子でした。

一回り成長した3日間「たいけん・はっけんスクール」(2010年1月9日)

「たいけん・はっけんスクール」での子どもたちの様子

1月9日から11日までの3日間、教育委員会と清里町子ども会育成連絡協議会の共催により「たいけん・はっけんスクール(冬)」が陸別町と足寄町で行われました。
スクールに参加した町内の児童18名は、夜空一面に広がった星座や人工衛星「きぼう」の観測、足寄町の特産品開発として進められている「オガカラー」を使ったハガキの製作など様々な体験をしました。
仲間との協力や、新しい体験を通して、子どもたちは一回り成長した3日間となりました。

今年一年の安全を願って出初式が行われました(2010年1月6日)

清里消防団出初式の様子

1月6日、プラネット97で清里消防団出初式が行われました。今年は悪天候により分列行進は中止となりましたが、団員の皆さんは今年の無火災への誓いを新たに、町民の生命や財産を守るための決意を固めていました。また、勤続表彰等の各表彰が行われました。各表彰者は次のとおりです。(敬省略)
退職消防団員に対する消防庁長官表彰
湯浅猛城、岩佐雅宣、矢島 仁
北海道知事表彰
(二十年勤労章)倉内章次、工藤一仁(十年勤続章)田中佳惠、太田達也、岩井真一、垂石義秋、豊島孝幸
北海道消防協会表彰
(三十年勤続章)田畑耕司、(二十年勤続章)倉内章次、工藤一仁(十年勤続章)田中佳惠、太田達也、岩井真一、大澤俊道、豊島孝幸
北海道消防協会網走地方支部表彰
(功労賞)南部 陽、田中三郎、平岡英樹、田畑耕司、大西正道、長谷川好夫
斜里地区消防組合表彰
(功績賞二号)太田良孝(功績賞一号)内間慎一、片岡勝浩、早川忠、森崎友博(優良賞四号)小木曽勇治、山川圭一、岡本政則、山口剛

ニュージーランド研修に向けて事前学習(2010年1月13日)

中・高校生海外派遣研修事業の事前研修会の様子

1月13日、ニュージーランド・モトエカへの出発に向けて、中・高校生海外派遣研修事業の事前研修会が行われました。この事前研修は、昨年10月から数回にわたり実施され、英会話やホームステイ先でのコミュニケーションの取り方などを学んでいます。
この日は、書道の実演やけん玉などの日本の遊びを英語で説明するなど、体験入学するモトエカ高校での発表の準備が行われ、参加者はモトエカの高校生との交流を楽しみにしている様子でした。
今年は、2月9日から19日までの日程で14名の中・高校生が派遣されます。

二十歳を祝う成人式に55名が出席(2010年1月5日)

華やかな振り袖やスーツに身を包んだ新成人たち

1月5日、プラネット97で平成22年清里町成人式が行われました。今年は、対象者67名のうち男性31名、女性24名の計55名が出席。華やかな振り袖やスーツに身を包んだ新成人たちは新たな門出を喜び合っていました。
式では、二俣教育委員長が式辞を述べ、橋場町長と村尾町議会議長よりお祝いの言葉が贈られました。また、新成人一人ひとりが、「生まれ育った清里のことを誇りに思い、これからはひとりの大人として責任をもって行動します」など、社会人としての誓いの言葉を述べました。
式に参加した皆さんは成人としての権利、それに伴う社会的責任について改めて真剣に考えるとともに、成人になった実感をかみしめている様子でした。

お問い合わせ先

清里町役場企画政策課まちづくりグループ
〒099-4492 北海道斜里郡清里町羽衣町13番地
電話:0152-25-2135 FAX:0152-25-3571

ページの先頭へ