トップ > かわら版 > 2009年 > 3月のトピックス

3月のトピックス

岡崎朋美さんお帰りなさい(2009年3月20日)

岡崎朋美さんと安武宏倫さん

3月20日、岡崎朋美さんがシーズンオフを利用し、一昨年ご結婚されたご主人の安武宏倫さんと一緒にふるさと清里の実家へ帰省。
今年3月に行われた、ワールドカップソルトレークシティー大会500メートルでは、自己ベストとなる37秒66をマークするなど絶好調。橋場町長と村尾町議会議長を訪れ、「今シーズンはフォーム改善に取り組み自己ベストをマークし、オリンピックへの手応えを感じています。来季に向けて体力調整やメンタル面においても今から準備をすすめています。」と、2009年カナダで行われるバンクーバー冬季オリンピックの抱負を力強く語ってくれました。

「定額給付金」の給付が行われました(2013年3月14日)

白い封筒に入った定額給付金が手渡されている様子

3月14日から16日までの3日間、生涯学習総合センターなど3箇所に臨時給付窓口を設け、定額給付金の現金給付が行われました。
給付金は、対象者1名につき1万2千円、18歳以下または65歳以上の方については2万円。町では昨年度に予算を補正し準備を進めてきました。14日午前9時からの受付には、長蛇の列ができ、申請書の確認などの手続きを済ませると一人ひとりに職員から白い封筒に入った現金が手渡され、3日間で9割以上の世帯が給付金を受け取りました。
町では9月10日まで給付申請を受付ていますが、給付を受けていない方はお早めに手続きをお願いします。

プレミアム付商品券を発売(2009年3月16日)

プレミアム付商品券販売の様子

3月16日、町商工会・中央商店街協同組合の主催により1万円で1万2千円の買い物ができる「プレミアム付商品券」がコミットほか2会場で販売されました。
国の定額給付金の支給に合わせ、地元消費対策として企画された商品券。この日は、販売開始前から行列ができ約20分ほどで完売する人気で、購入した方は「不景気のなか2割のプレミアムは大きい」と話してくれました。

いきいき健康セミナーで健康づくり(2009年3月)

いきいき健康セミナーの様子

昨年10月からトレーニングセンターで開催されてきた「いきいき健康セミナー」が3月で終了しました。
セミナーでは60歳以上の方を対象に、ストレッチや筋力トレーニングなど様々な健康づくりのメニューが行われ、昨年度を大きく上回る延べ450名の方が参加しました。
参加者からは「セミナーで学んだことを自宅でも実践してみたい」などの感想があり、健康づくりへの意識の高まりが感じられました。

パパスランドで味噌づくり(2009年3月20日)

パパスランドでの味噌づくりの様子

2月から3月にかけてパパスランドの農畜産物処理加工室が味噌や豆腐、パンなど食品づくりを行う町民の団体で賑わいました。
3月20日に行われた味噌づくりは、ほとんどの方が数年前から味噌づくりを始めたベテランの方ばかりで、テキパキと手際よく作業を進めていました。出来上がった麹味噌は、約1年間の熟成が必要で、すぐには食べることができませんが、来春にはそれぞれの食卓に並びます。
ふだん家庭では作ることのできない食品も数人が集まって作業を行えば楽しく作れます。皆さんもご利用してみてはいかがですか。

各学校で卒業式が行われました(2009年3月)

卒業式の様子1 卒業式の様子2

卒業式シーズンを迎え、町内の各学校で卒業証書の授与式が行われました。卒業を迎えた児童や生徒たちは、それぞれ心の中に残る出来事を思い出すとともに、新たな生活に向けた希望に満ちあふれていました。

お問い合わせ先

清里町役場企画政策課まちづくりグループ
〒099-4492 北海道斜里郡清里町羽衣町13番地
電話:0152-25-2135 FAX:0152-25-3571

ページの先頭へ