トップ > かわら版 > 2008年 > 9月28日のトピックス

9月28日のトピックス

「きよさと焼酎」今年の仕込みが始まる(2008年9月9日)

きよさと焼酎の仕込みの様子

9月9日、焼酎工場で多くのテレビ局や新聞社、居合わせた観光客が注目するなか、今年のじゃがいも焼酎の仕込み作業が本格的に始まりました。
今年は原料のじゃがいもを70トン、麦12トン、かぼちゃ3トンを使用し、アルコール度数25パーセントに換算して120キロリットル、720ミリリットル入りの製品が、おおよそ16万7千本生産されます。
現在、焼酎醸造事業所では、麦焼酎とかぼちゃ焼酎の新製品販売に向け準備を進めており、町民みなさんをはじめ多くの方に愛飲されることが期待されます。

斜里岳の標高が1,547メートルに(2008年9月)

斜里岳遠景

日本百名山としても知られ、清里町のシンボルとしてまちを見守る「秀峰斜里岳」の標高が2メートル高くなりました。
国土地理院の山岳標高によれば、これまで山頂付近の三角点の位置をもって標高が1,545メートルとされていましたが、空中写真からの測量により新たに標高点が求められ、現在は標高点の数値をもって1,547メートルとされています。

東日本軟式野球2部北・北海道大会開催(2008年9月13日)

東日本軟式野球大会2部北・北海道大会の様子

9月13日、14日の2日間、第31回東日本軟式野球大会2部北・北海道大会が清里町で開催されました。
雄大な斜里岳をバックにした町営球場で行われた今大会。厳しい予選大会を勝ち抜き、出場した道内各地の16チームの選手たちによって、はつらつとしたプレーが繰り広げられ、チーム相互の交流と親睦が深められました。
また、当町からも「田中スポーツ」チームが網走支部の代表として出場し、準決勝まで進む活躍を見せてくれました。

秋季高校野球大会で清里高校が大健闘(2008年9月14日)

清里高校野球部の部員達

北見市営球場で行われた秋季高校野球北見支部大会において、清里高校野球部が大健闘しました。
清里高校は、1回戦を32対2、2回戦を15対0と圧倒的な試合内容で勝ち進み、準決勝の網走桂陽高校戦では、中盤にリードを許すも終盤に主軸の活躍で11対6と逆転勝利を飾り代表決定戦に駒を進めました。
9月14日に行われた代表決定戦の相手は北見柏陽高校。試合は接戦となり終始緊迫した試合展開でしたが、選手たちは強豪相手でも気後れすることなく互角の戦いを見せてくれました。
結果は2対5と惜しくも代表の座を逃してしまいましたが、応援に駆けつけた保護者や生徒たちは、健闘した選手たちを讃え大きな拍手を送っていました。

晴天のもと、清高強歩大会と少年少女マラソン大会(2008年9月13日)

清高強歩大会の様子 少年少女マラソン大会の様子

9月13日、恒例の清里高校の交通安全強歩大会が行われました。
交通安全をPRするゼッケンを身につけ、男子は33キロメートル、女子は25キロメートルを走破。
この交通安全ゼッケンは、交通安全宣言校の生徒である自覚と交通ルールの再確認を目的に作成されています。
保護者の協力によりおにぎりや豚汁が用意され、各関門での激励があると生徒たちも笑顔で応え、長い道のりを仲間同士で励まし、競い合いながら走り抜きました。
また、同日には少年少女マラソン大会兼ファミリージョギング大会も行われ、今年は、町内の小学生201人、中学生136人と28組の親子が参加。沿道からの大きな声援を背に受け、子どもたちは歯をくいしばりながら日頃の走り込みの成果を出していました。
この日は晴天に恵まれ、絶好のマラソン日和となりましたが、さわやかな秋風を受けながら街中を疾走しました。

町民参加による防災訓練が行われました(2008年9月21日)

防災訓練の様子

9月21日、緑ヶ丘公園駐車場で町民参加による防災訓練が行われました。
訓練では、自治会長の皆さんや一般町民の皆さんが、「建物の崩壊事故が発生し多数の負傷者が出た」とのを想定で、重傷者の搬送、応急処置の訓練を行いました。
スモークマシンを使用した煙火災コーナーでは、火災時の煙の怖さを体験しました。
また、消防団員など約100名による防災訓練では、河川の増水に対する水防訓練や消火訓練など、本番さながらに訓練が行われました。

園児とお年寄りの交流会(2008年9月19日)

園児とお年寄りの交流会の様子

9月19日、プラネット97において「ことぶき大学交流会」が開催されました。
この事業は、子どもたちに敬老の気持ちを深めることと、世代間交流が目的とされています。
この日参加したのは、やまと幼稚園児45名、ことぶき大学生43名の計88名。
交流会では、お手玉やおはじきなどの昔ながらの遊び、園児たちによるハーモニカの発表が行われ、最後には、園児たちの手で肩たたきのプレゼントがされました。

各地域、施設で敬老会が行われました(2008年9月13日)

敬老会の様子

9月13日、羽衣町南自治会(自治会長 斉藤清明さん)で自治会主催の敬老会が行われました。
この日は、地域に住む多くの皆さんや75歳以上の対象者29名が集まり、ゲーム大会やカラオケやダンスなどの余興に楽しいひとときを過ごしました。
この活動は、まちづくりの制度として発足した地域活動推進事業により行われており、本年も各自治会で敬老事業が実施されています。
また、9月15日には「介護老人保健施設きよさと」「特別養護老人ホーム清楽園」で敬老会が行われ、入所者はお互いの長寿と健康を祝い合いました。
余興では、民謡や舞踏などが次々と披露され、参加された入所者の皆さんは家族と一緒に楽しいひとときを過ごしました。

お問い合わせ先

清里町役場企画政策課まちづくりグループ
〒099-4492 北海道斜里郡清里町羽衣町13番地
電話:0152-25-2135 FAX:0152-25-3571

ページの先頭へ