トップ > かわら版 > 2008年 > 7月31日のトピックス

7月31日のトピックス

清里のこどもたちが陸上競技で全道大会出場(2008年7月7日)

橋場町長に全道大会出場の報告の様子 賞状を持つ子どもたち

田中智貴くん(清里中3年)が、網走地区中学校陸上競技大会(走り高跳び)で、上位入賞し、見事全道大会への切符を手にしました。7月7日には、橋場町長に全道大会出場の報告を行い、「将来はオリンピックに出場できるような選手になりたい」と将来の抱負を語ってくれました。
また、清里陸上少年団からは、春名秀一くん(清里小6年1,500メートル)、大坂有澄さん(清里小6年100メートル)、春名景介くん(清里小4年800メートル)、高橋祐守くん(清里小4年100メートル・800メートル)が、全道大会に出場し、それぞれ自己ベストをマークする活躍を見せてくれました。
日頃の練習の成果を発揮する子どもたちの姿は地域に元気と活力を与えてくれます。

福祉の祭典ふれあい広場2008(2008年7月27日)

福祉の祭典ふれあい広場2008の様子1 福祉の祭典ふれあい広場2008の様子2

7月27日、保健センター前にて、「第21回ふれあい広場2008きよさと」が行われました。
障がい者や高齢者とのふれあいを通じてノーマライゼーション(障がいをもつ方もそうでない方もともに、地域社会のなかで支えながら生活していこうとすることが自然であるという基本理念)の考え方を普及するために行われている「ふれあい広場2008きよさと」。盲導犬の体験やアイマスクガイドヘルプ体験、高齢者疑似体験など、障がいをもつ方の立場を実体験するコーナーや、社会福祉協議会が導入したレスキューキッチン(大型特殊調理器)による災害時の炊き出し訓練も行われました。
ふれあいコンサートでは、知的障がい者のケアを中心とした社会就労センターの利用者と支援者による音楽バンド「ハローブラザーズ」が熱演し会場を盛り上げました。
毎年、多くのボランティアの協力により実現している「ふれあい広場」。参加された多くの方に福祉に関心を持ってもらえる機会となりました。

お問い合わせ先

清里町役場企画政策課まちづくりグループ
〒099-4492 北海道斜里郡清里町羽衣町13番地
電話:0152-25-2135 FAX:0152-25-3571

ページの先頭へ