トップ > かわら版 > 2008年 > 11月27日のトピックス

11月27日のトピックス

岡崎朋美さん好発進、ワールドカップ6位入賞(2008年11月14日)

ワールドカップ6位入賞の岡崎朋美さん

11月14日から3日間開催された、スピードスケートのW杯ヘーレンフェイン大会(オランダ)において、清里町出身のオリンピックメダリスト岡崎朋美さんが6位に入賞しました。
開幕戦のベルリン大会では、初戦の堅さもあったのか、タイムは伸びませんでしたが、第2戦目のヘーレンフェイン大会女子500メートルでは、1日目が38秒84、2日目が38秒83の好タイムで2日続けて6位に入りました。
昨シーズンは体調を崩し心配されましたが、開幕した2008年、2009年シーズンを好調な滑り出しで迎え、2010年開催のカナダバンクーバー冬季オリンピックへの出場が期待されます。

ニュージーランドモトエカから安田桃子さんが帰国(2008年11月21日)

橋場町長に帰町のあいさつを行う安田桃子さん

11月21日、清里高校3年生の安田桃子さん(上斜里大和 安田貴史さん長女)が、留学先のニュージーランドモトエカ高校から約9ヶ月にわたる研修を終え帰国し、橋場町長に帰町のあいさつを行いました。
安田さんは「最初は言葉がうまく通じるかとても心配で、辞書を片時もはなさずに持ち歩いていましたが、すぐに会話するのにも慣れ、帰国後には日本語を話すのに違和感を感じるほどになりました。モトエカでは皆さんに温かく迎えられ、たくさん友人もでき、将来は観光の勉強をして、第2の故郷モトエカ町にまた行ってみたいです」と話してくれました。
研修での経験を活かし、国際交流活動の場での活躍が期待されます。

生涯学習総合センター10周年記念「民謡の祭典」開催(2008年11月16日)

第9回北見地区民謡連合会指導者民謡の祭典の様子

11月16日、プラネット97を会場に、生涯学習総合センター10周年の記念チャリティー「第9回北見地区民謡連合会指導者民謡の祭典」が開催されました。この日訪れた300名の入場者は、出演された指導者のすばらしい歌声と演奏に魅了されました。
また、清里町から特別出演した、音羽流菊尋会・藤蔭会の2団体が祭典に花を添え、会場を盛り上げてくれました。

「清里セミナー」で明日のまちづくりを学ぶ(2008年11月18日)

清里セミナーの様子

11月18日、コミュニティーづくりをはじめ幅広い分野でコーディネーター・プランナーとして活躍されている伏島信治氏(伏島プランニングオフィス代表)を招いて、「地域の素材を活かしたまちづくりのあり方」をテーマとした講座が行われました。
講座では、地産地消を目指したコミュニティー事業の展開や、フットパスを利用したまちづくりの話など、具体的事例を交えたまちづくりの実践方法が語られ、50名の参加者が熱心に耳を傾けていました。
セミナーは、3回にわたり行われ、次回は12月12日に開催されます。

埼玉県「鶴ヶ島産業まつり」で交流(2008年11月8日)

埼玉県鶴ヶ島市で行われた鶴ヶ島産業まつりの様子

11月8日、9日の両日、埼玉県鶴ヶ島市で行われた「鶴ヶ島産業まつり」に、商工青年部や農協女性部の代表者など6名が参加しました。
清里町から持参した農産物やドライフラワー、きよさと焼酎が販売され、例年大好評であるでんぷん団子の試食コーナーや清里産小麦「春よ恋」で作ったパンの試食も行われ、風味のある味や食感など高い評価を得ることができ、来場者に北海道清里町の魅力をさらにPRすることができました。
また、官民の枠を越えた新たな協力や交流について話し合いの場が設けられるなど、今後のさらなる交流発展が期待されます。

お問い合わせ先

清里町役場企画政策課まちづくりグループ
〒099-4492 北海道斜里郡清里町羽衣町13番地
電話:0152-25-2135 FAX:0152-25-3571

ページの先頭へ